エビ・カニ(甲殻類)

サワガニの飼育や繁殖・寿命や販売情報などについて

サワガニは日本に住んでいる唯一の淡水カニです。幼生から大人になるまで一生海水を必要としない、純淡水棲のカニは日本ではサワガニだけです。
この記事では、そんなサワガニの飼育や繁殖などについて書いていきたいと思います。

サワガニの飼育はとても簡単!

サワガニは飼育書などにはきれいな川の上流に生息していると書かれていますが、実際は割とどこにでも生息しています。
そのため、高温にもある程度は耐えることができますし、水質悪化にもそこまで弱くありません。
たしかにアメリカザリガニと比べると弱いですが、ドジョウやフナが飼育できる環境であれば十分に飼育可能です。
飼育設備も外部式フィルターなどの大掛かりな装置は必要なく、投げ込み式フィルターなどで十分でしょう。

また、サワガニはエラ呼吸なので基本的に陸地は必要ありません。魚を飼育するときと同じように、水槽に水を目いっぱいまで張っても問題ありません。
ただ、蓋をしないと脱走してしまうので、あえて水位を低くして逃げ出すのを防ぐという考え方もあります。

水槽の大きさはプラケースの中サイズほどあれば十分ですが、ケースが狭すぎると共食いしやすくなるので注意が必要です。
サワガニの場合、共食いはあまりしませんが、脱皮した直後は体が柔らかくなっているので他の個体に襲われやすいです。
ですから、ある程度ゆとりをもって飼育し、隠れ家となる石や流木などを用意するとよいでしょう。

サワガニの餌

サワガニは雑食性で、どんな餌でも良く食べます。金魚などに用いる配合飼料で構いませんが、海老やザリガニ専用の餌を与えるとよりよいでしょう。
また、イトミミズや赤虫などの生餌も非常に好みます。

サワガニの種類

サワガニは、個体によって色が大きく違います。ほとんどの個体は赤茶色をしていますが、青色や紫色、明るいオレンジなど、綺麗な個体がたまに混じっているのでコレクション性がかなり高いです。

サワガニの寿命

サワガニの寿命はそこそこ長く、3年から5年程度が目安です。しかし、甲殻類の寿命はあまり厳密ではなく、低温で飼育するとかなり長生きする個体もいます。
ですから、実際はもっと長生きする可能性はあります。

サワガニの繁殖

サワガニは淡水でも繁殖が可能なので、簡単なイメージを持たれやすいですが、実はかなり難しいです。
サワガニの人工繁殖が成功したのはここ最近のことであり、それまでは水産試験場や水族館でも産卵させることができませんでした。

ページ:

1

2

関連記事

  1. エビ・カニ(甲殻類)

    ヤマトヌマエビの飼育・繁殖・販売情報

    ヤマトヌマエビは西日本に生息する淡水棲のエビです。5センチ…

  2. エビ・カニ(甲殻類)

    ミナミヌマエビの飼育や繁殖について

    ミナミヌマエビは、3センチぐらいの小さな淡水性のエ…

  3. エビ・カニ(甲殻類)

    ヤマトヌマエビとミナミヌマエビどっちがおすすめなのか比較してみた

    ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ、どっちがおすすめなのでしょうか?…

  4. エビ・カニ(甲殻類)

    アメリカザリガニの飼育・繁殖について

    アメリカザリガニは日本全国の川に住んでいる身近な生き物です。そ…

  5. エビ・カニ(甲殻類)

    オカヤドカリの飼育・繁殖について

    オカヤドカリは沖縄などに分布する陸生のヤドカリです…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. クワガタ・カブトショップの紹介

    東京のクワガタ・カブトショップおすすめ5選【安くて品ぞろえ豊富】
  2. コリドラス

    コリドラスがすぐに死んでしまう原因は「混泳」や「ストレス」だった!
  3. エビ・カニ(甲殻類)

    サワガニの飼育や繁殖・寿命や販売情報などについて
  4. スズメダイ

    シリキルリスズメの飼育は初心者におすすめ!滅多に死なない丈夫な魚!
  5. クワガタ・カブトショップの紹介

    クワガタ・カブトムシを通販で買うならおすすめはここだ!【生体・用品】
PAGE TOP