初心者におすすめの飼いやすいクワガタ・カブトムシランキング

スポンサーリンク
クワガタ
クワガタ

 

クワガタやカブトムシの中でも飼育しやすいおすすめの種類について説明します。
飼いやすさの基準は
サイクルが早い(一年以内)
産卵に癖がない
幼虫が育てやすい
管理が楽
この4つです。
たとえばヘラクレスなどの大型カブトムシはサイクルが遅く、卵が成虫になるまでに2年かかります。
スマトラヒラタなどは狂暴なのでペアリングが大変ですし、低温を好むため温度管理にもコツが必要です。

私がこれから紹介するのは基本的なことを守りさえすればほぼ放置で飼育できる本当に飼いやすいクワガタ・カブトムシだけです。

スポンサーリンク

ムシモンオオクワガタ

 

ムシモンオオクワガタはクワガタムシの中でトップクラスに飼育しやすいです。
ムシモンはヨーロッパに生息しているので低温に強く、常温で飼育できます。
さらに微粒子マットを堅詰めするだけで大量に産卵しますし、幼虫も多頭飼育できるので管理がとても楽です。
最後にムシモンはケンカを全くしないので成虫もまとめ飼いできます。

サイクルも半年から8か月程度と非常に早いくせに寿命も長いという、全クワガタの中でイチバンペットに向いていると思います。

ホペイ・タイワンオオクワガタ


オオクワガタの仲間は非常に飼育が簡単です。
その中でもホペイと台湾は国産オオクワガタより飼育が簡単です。
ホペイとタイワンはサイクルが非常に早く、国産より幼虫期間が短いです。
あと、これは私の肌感覚ですが、ホペイなどの方が産卵しやすい傾向があると思います。

国産カブトムシ

国産カブトムシは低温や高温に強く、トップクラスに飼育しやすいカブトムシの種類です。
おそらく全世界のカブトムシの中でも生命力はナンバーワンではないかと思います。
国産カブトは産卵させないほうが難しいレベルで繁殖力も高いですし、適当に腐葉土などで飼育しても大型のオスが羽化してきます。

スポンサーリンク
シェアする
arunaをフォローする
スポンサーリンク
ARUNA-ペットの飼い方、繁殖法、販売情報などを紹介-

コメント