クワガタの夏場の暑さ対策について【高温対策はクーラーが最強】

スポンサーリンク
クワガタ
クワガタ

クワガタやカブトムシは高温にとても弱い生き物です。カブトムシやクワガタは気温が上がりにくい山に生息しているので、熱帯に住んでいる種類でも日本の夏は危険です。
とくに集合住宅や二階部分などは室温が上がりやすく、真夏は35度~40度にもなります。
近年、クーラーをつけなかったことが原因で熱中症になる人の割合は増えています。

人間でも耐えられないほどの暑さなので、二階部分やマンション・アパートの場合は高温対策なしでクワガタを飼育するのは無謀です。

今回は、クワガタを飼育するうえで最も重要な夏場の暑さ対策について説明します。

スポンサーリンク

暑さ対策は冷房(クーラー)が最強!

結論から言うと、クワガタ飼育における夏場の暑さ対策は冷房が最強で最もコスパが高いです。
まず、冷房は部屋全体を冷やすので、他の方法より温度が安定します。
さらに、コスパも最も高く、費用も冷やし虫家を買うより安いです。

冷房つけっぱなしは一見電気代が高そうに見えます。
ですが、26度~28度でつけっぱなしにした場合は、+2000円~3000円以内の範囲で収まります。

スポンサーリンク
シェアする
arunaをフォローする
スポンサーリンク
ARUNA-ペットの飼い方、繁殖法、販売情報などを紹介-

コメント