アベニーパファーの飼育・繁殖など

スポンサーリンク
熱帯魚
熱帯魚

アベニーパファーは南米に住んでいる、一生淡水で生活するフグの仲間です。
体長は3センチにも満たないので、小型水槽で手軽に飼育できます。
また、とてもかわいらしい容姿なので女性にも人気があります。

そんなアベニーパファーの飼育について説明していきます。

スポンサーリンク

アベニーパファーの飼育は簡単!

アベニーパファーは比較的丈夫な熱帯魚です。ちゃんとフィルターを設置して定期的に換水さえしていれば調子を崩すことはありません。
水質が極端に悪化しなければ病気にかかることもなく、簡単に飼育できます。
また、大きくならないので小型水槽でも飼育できます。ただ、アベニーパファーは気性がとても荒く、入れすぎるとケンカが多くなるため、
30センチ水槽(12リットル)なら1~2匹、30キューブ水槽なら4~5匹、60センチ水槽なら10匹程度に抑えておくとよいでしょう。

飼育温度は24~28度程度で飼育できます。プラティなどとは違って低温には弱いですし、比較的高温を好みます。
それに、26度以上で飼育したほうが白点病などの病気にかかりづらいです。

アベニーパファーの餌

アベニーパファーは肉食性がとても強く、市販の配合飼料に餌付くことはありません。
ですから、生きたエビや赤虫など、生餌を与えるのがベストです。

しかし、冷凍赤虫なども食べるため、手間をかけたくない人は冷凍餌を用いるとよいでしょう。

スポンサーリンク
シェアする
arunaをフォローする
スポンサーリンク
ARUNA-ペットの飼い方、繁殖法、販売情報などを紹介-

コメント