ネオンテトラの繁殖は難しい?

スポンサーリンク
熱帯魚
熱帯魚

ネオンテトラは丈夫で病気にかかりにくい熱帯魚です。
しかもとても美しいので水草水槽には欠かせない存在です。

しかし、ネオンテトラの繁殖はかなり難しく、個人の水槽では成功例がほとんどありません。

そんなネオンテトラの繁殖法について紹介します。

スポンサーリンク

ネオンテトラの繁殖はなぜ難しいか

ネオンテトラの繁殖がなぜ難しいのか説明します。

他の個体に卵が食べられてしまう

ネオンテトラの繁殖が難しい最大の理由は、他の個体が卵を食べてしまうからです。
実は、ネオンテトラは水槽内で頻繁に産卵しています。

ネオンテトラをはじめとするカラシン類は卵を水草などに産み付けず、そのまま床にばらまきます。
そのため、メスが卵を産むとほかの個体が集まってきて、すぐに食べられてしまうのです。

カラシンの仲間は動きが素早く、水槽内の稚魚や卵などを食べつくします。
そのため、グッピーやプラティなどの魚もネオンテトラと一緒に飼育していると稚魚の生存率が極めて低下してしまいます。

稚魚が小さすぎる

次に、せっかく卵が孵化して稚魚を得られても、サイズが小さすぎて餌を食べられないという問題があります。
ネオンテトラの稚魚はグッピーなどの稚魚よりもはるかに小さく、目でやっと確認できるかというレベルです。

スポンサーリンク
シェアする
arunaをフォローする
スポンサーリンク
ARUNA-ペットの飼い方、繁殖法、販売情報などを紹介-

コメント