コケ取り生体

サイアミーズフライングフォックスの飼育について

 

サイアミーズフライングフォックスは、糸状のコケや黒ヒゲ状のコケを食べる魚として有名です。

今回はサイアミーズの飼育について説明します。

サイアミーズのコケ処理能力はそこまで高くない

サイアミーズは冒頭で説明した通り、水槽内の黒ヒゲ状のコケや糸状コケを食べてくれる魚として売られています。しかし、コケを食べることは食べますが、ほんの少ししか食べてくれないことがほとんどです。
もしあなたの水槽が黒ヒゲコケだらけになっている場合、サイアミーズをいくら投入してもキレイになることはないといってもいいでしょう。
ただ、サイアミーズはエサの食べ残しや魚の死骸、枯れた水草などのゴミを食べてくれるので、掃除屋としての能力は非常に高いです。

サイアミーズの飼育は非常に簡単

サイアミーズは水の汚れにも非常に強い魚です。
病気にもかかりづらく、飼育は簡単です。

ただ、大人になると最低でも10センチぐらいには成長するので、最終的には60センチ水槽が必要です。
あと、サイアミーズは非常に素早い魚で、一度水槽に入れた個体を回収するのは困難だといわれています(本当はそんなことないです。頑張ればいけます笑)
サイアミーズを水槽から出すのは手間がかかるので、一度水槽に入れたら二度と出さないつもりで飼育しましょう。

サイアミーズのエサ

サイアミーズはコケだけでなく、食べ残しや魚の死骸などなんでもよく食べます。口が下向きについているので、コリタブやプレコ用のエサなどを与えると喜びます。
ただ、ほかに同居している魚がいる場合、特別にエサを与える必要はないでしょう。

サイアミーズの混泳

サイアミーズはそこまで狂暴な魚ではないですが、激しく底面を動き回るため、コリドラスなどと混泳させるとストレスを感じることもあります。
また、個体によってはプラティなどのおとなしい魚を威嚇することもあります。

同種同士では大きい個体が小さい個体をいじめる光景もしばしばみられますが、激しいケンカをすることは稀です。
ただ、群れを作る魚ではないので、一つの水槽につき一匹から二匹程度にとどめておいた方がいいと思います。

サイアミーズの繁殖

サイアミーズの繁殖は難しく、一般家庭で成功している人は稀です。
たまに水草に卵を産み付けることがあるようですが、くわしいことはよくわかっていません。

サイアミーズの寿命

サイアミーズの寿命は5年~10年前後とかなり長生きします。

サイアミーズの販売情報

サイアミーズは非常にポピュラーな熱帯魚で、どのお店でもたいてい売られていますし、ネット通販でも容易に購入できます。
値段も300円ぐらいと非常に安価です。

サイアミーズの飼育にチャレンジしてみよう

サイアミーズはコケ取り生体として評価が高いですが、そこまでコケ取り能力は高くありません。
しかし、残飯処理班としての能力は非常に高いので、水槽に一匹ぐらい入れてあげてもいいのではないでしょうか?

ページ:

1

2

関連記事

  1. コケ取り生体

    ヤエヤマギンポの飼育は簡単?凶暴で混泳できないってホント?

    ヤエヤマギンポの飼育や混泳について解説!ヤエヤマギンポは石垣島…

  2. コケ取り生体

    ブラックモーリーは海水魚?飼育や繁殖のコツを紹介!

    ブラックモーリーの飼育や繁殖のコツを伝授!ブラックモーリーはコ…

  3. コケ取り生体

    石巻貝の飼育や繁殖、寿命やコケ取り性能について

    石巻貝はコケ取り貝としてポピュラーな存在です。今回は、そんな石…

  4. コケ取り生体

    レッドラムズホーンを大量に増やす裏ワザ

    レッドラムズホーンは水質浄化能力が高く、食べ残しなどを掃除して…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 魚の病気

    熱帯魚や金魚の病気は、市販の薬では治せない3つの理由
  2. 卵胎生メダカ

    エンドラーズライブベアラーの飼育や繁殖は簡単?
  3. デメキン

    デメキンの飼育法と種類について
  4. カブトムシの飼育

    ゾウカブトの飼育・繁殖について
  5. シュブンキン

    シュブンキンの飼育法・種類について解説!
PAGE TOP