クラウンローチの飼育や繁殖について

スポンサーリンク
熱帯魚
熱帯魚

クラウンローチはナマズの仲間で東南アジアに生息しています。
古くから飼育されているポピュラーな熱帯魚です。
そんなクラウンローチの飼育や繁殖について紹介します。

スポンサーリンク

クラウンローチの飼育は簡単

 

クラウンローチは丈夫で病気にもかかりにくく、飼育は非常に容易です。
魚にしては珍しく寝る魚として知られており、横になって眠る姿は非常に癒されます。

稚魚のうちは活発に水槽内を泳ぐこともありますが、ナマズの仲間なので成熟するにしたがって水槽の底や物陰でじっとするようになります。
そのため、石の下や植木鉢などの隠れ場所を用意してあげるとよいでしょう。

3センチぐらいの稚魚が良く販売されていますが、野生では30センチ以上に成長します。
そのため、最終的には60センチ以上の水槽が必要になります。とはいえ、空間認識能力が高い魚なので小さい水槽で飼育していると成長が止まってしまうため、
最終的に15センチ程度の大きさでストップしてしまうことが多いです。

また、クラウンローチは魚の中では知能が高いほうで、人に良くなつくことでも知られています。
このように、慣れるとピンセットや手で餌を渡すことも可能です。

クラウンローチの餌

 

クラウンローチは基本的になんでもよく食べる魚で「掃除屋さん」扱いする人もいます。
しかし、口が下向きについているので他の魚に餌をとられることが多いため、コリタブなどの沈むタイプの餌を与えましょう。

また、肉食性の餌が好きなので冷凍赤虫などを与えると調子よく飼育できます。

スポンサーリンク
シェアする
arunaをフォローする
スポンサーリンク
ARUNA-ペットの飼い方、繁殖法、販売情報などを紹介-

コメント