ネオンテトラの繁殖は難しい?

スポンサーリンク
熱帯魚
熱帯魚

オスとメスの見分け方は簡単で、おなかが大きく膨らんでいるのがメスで、シャープな体系で小さめの体をしているのがオスです。

あとは産卵用にセットした水槽にこの2匹を入れ、刺激を与えないように布などを被せて暗くしておきます。

稚魚育成

卵を産んでいるのを確認したら、速やかに親魚を取り出します。
あとは放置して孵化するのを待ちます。

稚魚はとても小さく、ブラインシュリンプの幼生すら食べられないので、インフゾリアを与えます。
インフゾリアは自分で沸かすこともできますが、インフゾリアの素を購入するのが手っ取り早いです。

また、インフゾリアのほかにもバクテリア剤のPSBを与える方法もあります。

数週間するとだんだん形がネオンテトラっぽくなってきて、ブラインシュリンプや稚魚用のフードが食べられるようになります。

スポンサーリンク

ネオンテトラの繁殖にチャレンジしてみましょう

ネオンテトラの繁殖は、グッピーなどと比較すると極めて難しいです。
実際、ネオンテトラの産卵はグッピーの100倍難しく、稚魚を育てるのはさらに100倍難しいといわれています。

スポンサーリンク
シェアする
arunaをフォローする
スポンサーリンク
ARUNA-ペットの飼い方、繁殖法、販売情報などを紹介-

コメント