アベニーパファーの飼育・繁殖など

スポンサーリンク
熱帯魚
熱帯魚

アベニーパファーは絶食に弱く、こまめに給餌しないとたちまちやせ細ってしまいます。
グッピーなどは数日間餌を与えなくても平気ですが、アベニーの場合はできるだけ毎日餌を与えるようにしましょう。

スポンサーリンク

アベニーパファーの混泳

アベニーパファーは気性が激しく、ほかの魚を襲ってしまう可能性が高いため、混泳には向きません。
特にエビはアベニーパファーの大好物なので、ミナミヌマエビなどがいる水槽に投入するとたちまち全滅してしまうので注意しましょう。
基本的にアベニーを飼育する水槽には、同種以外は入れないのが無難です。さらに同じアベニーパファー同士でもケンカをして、ヒレがボロボロになってしまうこともあります。
そのため、アベニーを飼育するときは一つの水槽に入れる個体の数を少なめに飼育するようにしましょう。

アベニーパファーの寿命

アベニーパファーの寿命は短く、1年~2年程度です。

アベニーパファーの繁殖

アベニーパファーの繁殖は少し手間がかかります。
まず少し大きめの水槽に、オスとメスを数匹づつ入れます。
繁殖期のメスはお腹が大きくなり、群れで泳ぐのですぐにわかります。

しばらくすると、仲の良いペアが出来上がるので、そのペアを別の水槽に移し、水草を入れておきます。
水草はなんでもいいですが、アナカリスやマツモ、カボンバなどがポピュラーです。

数日もすれば卵が産みつけられているので、親に食べられないうちに親を元の水槽に戻します。

卵は孵化までに一週間前後かかります。また、稚魚は孵化しても数日間はエサを食べません。
稚魚にはブラインシュリンプの幼生を与えます。

スポンサーリンク
arunaをフォローする
スポンサーリンク
ARUNA-ペットの飼い方、繁殖法、販売情報などを紹介-

コメント