メダカにおすすめのフィルターやろ過装置はどれ?【投げ込み式・スポンジフィルター・外掛け式】

スポンサーリンク
メダカ

メダカにおすすめのフィルターやろ過装置について説明します。ろ過器は【投げ込み式・スポンジフィルター・外掛け式】などがありますが最もメダカの飼育に最適なものはどれでしょうか?

スポンサーリンク

メダカが激安!手数料無料の生物系フリマサイト


≫≫もっと出品を見る【アマギフ5,000円が当たる】

メダカの飼育におすすめのフィルターの条件とは

メダカの飼育におすすめのフィルターの条件について説明します。

メダカの飼育にフィルターは使ってはいけない?

メダカの飼育にフィルターは使ってはいけない説があります。この説は、フィルターは水流が強いためメダカが疲労してしまうというのが理由です。

この説は半分間違いで半分真実だと思います。まずメダカはフィルターの水流程度では疲労しません。もちろん流れが強すぎると泳げなくなってしまうため、水流を調節したりそういった場合は水草などで流れが弱い場所を作ってあげましょう。

ですが水流が強いからと言ってそれだけで死んでしまうことはありません。

使ってはいけないというより使う必要があまりない

メダカに関してはフィルターを使ってはいけないというより、フィルターを使う必要があまりないといったほうが正しいです。

なぜならメダカは屋内でもフィルターなし、エアレーション無しで飼育できるからです。

実際私は趣味で育てているメダカを30センチ~40センチ水槽でフィルター無しで屋内飼育しています。これでなんの問題もありませんし、フィルターがあったころより病気などのトラブルが少なくなっている気がします。

エアーリフト式はやめた方がいい?

メダカを水槽で飼育する際は、投げ込み式や底面フィルターなどのエアリフト式はやめたほうがいいという意見があります。なぜならエアポンプを使うと好気性細菌であるカラムナリス菌が蔓延しやすくなるからです

たしかに、メダカのポツポツ死が発生する水槽のエアレーションを止め、薬を入れたら死ぬのが収まったことが実際にありました。

金魚や熱帯魚は平気でもメダカは細菌感染症に非常に弱いため、メダカを飼育する際は、エアポンプなどを使わないほうが病気になりにくい可能性があります。

ですが、この説を検証するため、実験的にエアレーションしている水槽を何個か立ち上げていますが、全く病気にはなっていません。

このことから、細菌による病気が発生していないメダカ水槽に関してはエアポンプを入れても大丈夫だと思います。

また、エアポンプを使わないと植物プランクトンが大量発生して水が緑色(グリーンウォーター化)になりやすくなります。グリーンウォーター化を防ぐためにはエアレーションは有効なので、メダカを横から観察したい方(趣味で育てているほとんどの方)はエアポンプを使ったほうがいいと思います。

メダカの病気やエアポンプに関しては詳細はこちらをお読みください

メダカの病気について、見分け方と治療・予防法を解説!
メダカの病気の見分け方や原因、治療法を紹介します。メダカの病気のほとんどが細菌感染症で塩水浴で治療できます。

ろ過装置はワンサイズ大きめのものを使うと安心

メダカは水槽で飼育する場合きれいな水で飼わないと死んでしまうことがあります。水質の悪化に敏感なメダカが多いので、ろ過装置はワンサイズ大きめのものを選ぶようにしましょう。たとえば30センチ水槽でメダカを飼育する場合、40センチ用のフィルターを使用するような感じです。

水流に気をつける

また、水流に気をつけることもメダカを飼育する上で重要です。メダカは泳ぐのが下手なので、強い水流があると泳ぐことができません。水流自体は問題ないですが、水中フィルターを最大出力で使用したりするとメダカが泳げなくなることもあるため、水流を調節したり、水草や仕切りを使用して流れの弱い場所を作りましょう。

メダカにおすすめのフィルターを紹介

メダカにおすすめのろ過装置を紹介します。

外掛け式フィルター

外掛け式フィルターは水槽の側面に引っ掛けるタイプのろ過装置です。比較的水流が弱いのでメダカの飼育に用いられることも多いです。酸素が溶け込みにくいため細菌が繁殖するリスクも少ないため、メダカの飼育に適しているといえます。

コメント