メダカの飼育で必要な器具・用品について!メダカを飼うときに準備するものリスト

スポンサーリンク
メダカ

今回はメダカの飼育で必要な器具・用品について説明します。

この記事ではメダカを水槽で飼育する室内飼育で準備する道具について説明しています。

スポンサーリンク

メダカが激安!手数料無料の生物系フリマサイト


≫≫もっと出品を見る【アマギフ5,000円が当たる】

メダカの飼育で準備するもの【必須】

まずはメダカの飼育で絶対に必要なものを紹介します。

飼育容器(水槽)

まずメダカの飼育で絶対に必要なのは水を入れられる飼育容器です。これはガラス水槽でもいいですし、カブトムシなどを飼育するプラケースや梅酒ビン、タッパーなど水を蓄えておければなんでもいいです。

メダカは小さいので小型容器でも十分に飼育できます。

ちなみに屋外飼育の場合、水鉢やたらいなどの飼育容器を用意するだけで飼育が可能になります。

水槽は何リットルあればいいのか?

メダカを飼育するときの飼育容器は何リットルあればいいのでしょうか?これは1匹につき1リットルの容量が必要だとよく言われています。ですが、実際は2~3リットルにつきメダカ1匹程度に見積もったほうがいいと思います。

なぜなら水槽を立ち上げたばかりの頃は水が汚れやすいからです。水槽は立ち上げて1か月ぐらいで水が汚れにくくなるため、初期段階でたくさんメダカを入れると病気になったり突然死の原因となります。

このため、メダカの飼育準備のためにはなるべくメダカの数に対して大きな水槽を用意することをおすすめします。

たとえば一般的な30センチ水槽(Sサイズ水槽)は10リットル程度の容量がありますが、この場合でも水槽をゼロから立ち上げる場合は3匹から5匹程度に留めたほうが失敗しづらいです。

メダカを飼育するときにはエサが必ず必要になります。ミジンコやイトミミズなどの生き餌などもありますが、ほとんどの人は配合飼料を使っています。

粉餌はホームセンターやスーパーマーケットでも安く売られているので気軽に準備できるでしょう。画像の金色のパッケージのエサは最もポピュラーで入手しやすいメダカ用配合飼料です。

このように産卵促進効果があるメダカのエサがよいのですが、ただ単に趣味としてメダカを飼育するだけならどんなエサでも大丈夫です。

メダカのエサのおすすめは?配合飼料と生餌はどっちがいい?
今回はメダカのエサのおすすめについて説明します。 また、メダカのエサは配合飼料と生餌はどっちがいい、どのエサがおすすめなのかというメダカの餌に関するあらゆる疑問を徹底解説します。 メダカの餌は重要 メダカ飼育において餌は重要です。...

バケツ

バケツはメダカの水槽に水を汲んできたり、水換えするときに必要になります。ですが、掃除などに使用したことがあるバケツは洗剤などで汚染されているため絶対に使ってはいけません。

新しくメダカ用のバケツを購入しましょう。バケツは100円ショップなどで販売されているので簡単に手に入るでしょう。

網はメダカを掬うときに必要になります。水換えのときや新しいメダカを追加するとき、水槽を変えるときなどに用います。

水換え用ポンプ

水換えをする際にいちいちバケツなどで水を汲み出すのは面倒なので水換え用のポンプが必要です。これは専門の道具が売られていますし、石油用のポンプでも代用できます。

コメント