メダカの水草は何がおすすめ?メダカの飼育や繁殖、水質浄化におすすめの水草はどれ?

スポンサーリンク
メダカ

メダカの水草は何がおすすめなのかということについて紹介します。特にメダカの飼育や繁殖、水質浄化におすすめの水草はどれでしょうか。

スポンサーリンク

メダカが激安!手数料無料の生物系フリマサイト


≫≫もっと出品を見る【アマギフ5,000円が当たる】

メダカの水草で一番おすすめなのはアナカリス

メダカの水草の中で一番おすすめなのはアナカリスです。アナカリスは丈夫で繁殖力が強くあっという間に増えます。このため水質浄化力が非常に強く,水槽立ち上げ時にアナカリスを入れておくと水質悪化を防ぐことができます。

またアナカリスは暗い場所でもある程度成長できるため照明が弱くても大丈夫です。これは強い光が必要なマツモとは対照的です。

他にもウィローモス、ホテイソウなどもメダカと相性のよい水草になります。

メダカの水草選びのポイント

メダカの水草選びのポイントについて説明します。要は丈夫で増えやすい有茎草や浮草などの水草を選ぶとうまくいきます。

水質浄化力が高い

メダカの水槽に入れるおすすめの水草選びで最も重要なのは水質悪化に強いことです。メダカはゆっくりとした水質悪化にはかなり強いですが、水質の急激な悪化には非常に弱く突然死の原因となります。そこで、水槽立ち上げ時に水質浄化力の高い水草を入れておけば水質の悪化を抑えることができ、メダカの突然死や体調不良を抑えることが可能です。また、こういった水草をたくさん植えておけば水換えの回数を減らすことができます。

エアレーションしても大丈夫

メダカを室内で飼育している場合、多くの方はエアーポンプを導入していると思います。水草の多くはエアレーションすると二酸化炭素が水中から逃げてしまうためうまく育ちません。このため、水草水槽とメダカは相性が悪い組み合わせだと言われています。エアレーションしても問題なく育つ丈夫な水草は数少ないですが、それらをうまく選ぶことが重要です。

卵を産み付けられる

メダカは水中の水草に卵を産み付けます。メダカが卵を産み付けやすい水草の形は決まっていて、有茎草や浮草の根っこなどにたくさん卵を産みます。卵をたくさん取りたいなら繁殖しやすい水草を選びましょう。

底に植えなくてもよい

水草は普通砂やソイルなどに植える必要があります。ですがアナカリスやマツモなどは植えなくても水中の養分を吸収して勝手に増えていきます。根っこから栄養を吸収しない代わりに水中の汚れを吸収してくれるので水質浄化力が非常に高いのも特徴です。

メダカの飼育におすすめの水草

メダカの飼育におすすめの水草をランキング形式で紹介しましょう。

アナカリス

アナカリスはメダカの飼育で最もおすすめできる水草です。冒頭でも紹介しましたが汚れた水を浄化する能力が非常に高いです。強い光よりも汚れた水を好むぐらいで、何も入れていない水槽よりもメダカを入れている水槽のほうが明らかに増えます。このため導入時にアナカリスを入れておくと体調を崩すメダカが少なくなります。

さらに繁殖でもメダカはアナカリスを非常に好みます。メダカの人工産卵床とアナカリスを一緒に入れておくと人工産卵床には全く卵を産まないレベルです。欠点を上げるとするならアナカリス全体に卵を産むため採卵がダルいという点ぐらいです。

養殖目的でメダカを飼育するならアナカリスは向かないですが個人で飼育するのなら強くおすすめできる水草です。

マツモ

マツモもメダカの水草として極めてポピュラーです。マツモは強い光を好み、照明を当てればものすごいスピードで成長します。ただし強い光が必須なので照明がないとうまく育ちません。あとマツモの成長にはカリウムが必要なのでコントラコロラインやコロラインオフなどのミネラル・ビタミン入りのカルキ抜きを使うと成長させられます。

ウィローモス

コメント