メダカの水槽に入れる砂利や土やソイルのおすすめは?【赤玉土・大磯砂など】

スポンサーリンク
メダカ

メダカの水槽に入れる砂利や土やソイルのおすすめについて紹介します。【赤玉土・大磯砂など】定番の砂利や荒木田土や田砂などの変わった底床についても説明します。

スポンサーリンク

メダカが激安!手数料無料の生物系フリマサイト


≫≫もっと出品を見る【アマギフ5,000円が当たる】

メダカの水槽の底の砂利は何がいいのか?

メダカの水槽に使用する底床は何がいいのでしょうか?結論から言うと、屋内飼育においては底砂ありとなしでは底砂ありのほうがメダカの飼育はうまく行きやすいです。

特に、私の体感的にソイルや赤玉土などの土系を使用するとうまくいきやすいです。なぜなら砂利と違って土は水質悪化を防いでくれるバクテリアがたくさん含まれているからです。

土の中にはバクテリアがたくさん生息しており、その中には水質悪化の原因であるアンモニアや亜硝酸などを減らす効果があるバクテリアも多数含まれています。水槽立ち上げ直後はバクテリアの数が少ないためメダカが調子を崩しやすいですが、土やソイルを入れるとメダカが導入直後に死んだりするのを防ぐことができます。

一方、大磯砂などの砂利はバクテリアがほとんど含まれていないため水槽立ち上げ時がソイルよりは難しいです。とはいえバクテリア剤などを使えば大丈夫ですし、水槽をリセットするときに砂利は楽なので管理がしやすいというメリットもあります。

まとめると、メリット・デメリットを熟知した上で砂利にするかソイルにするかを選んだほうがいいでしょう。ちなみに初心者なら思考停止でソイルを選んだほうがうまくいきやすいです。

屋外飼育で砂は必要か?

一方、屋外飼育では太陽光や風の力により、勝手にバクテリアや動植物プランクトンが容器内に発生します。このため、ソイルなどを入れなくてもメダカを飼育することができますし、グリーンウォーターが発生しやすくなるためさらにメダカが簡単に飼育できます。

ですが、逆を言えば屋外はグリーンウォーターになりやすいため、水を透明にするために赤玉土をあえて投入している人もいます。

メダカの底床におすすめのソイル・土

メダカの底床におすすめのソイルや土を紹介します。

メダカ水景 メダカの天然ろ過ソイル 1L

メダカ水景 メダカの天然ろ過ソイル はGEXが販売しているメダカ用のソイルです。バクテリアが配合されているため水槽の立ち上がりが早いのが特徴。初心者でも失敗しにくいです。また、黒色なのでメダカの色がくっきりと濃くなるため観賞用にも適しています。

ピュアソイル ブラック 2kg 2キログラム (x 1)

ピュアソイル ブラックはGEXが販売しているアクアリウム用ソイルです。他のソイルよりも値段が高く濾過性能の高さを歌っています。私もメダカ以外の魚に使用したことがありますが、たしかに水が汚れにくく、粒も崩れにくかったです。より高性能なソイルをメダカ水槽に利用したいのならおすすめのソイルです。

ジェックス メダカ水景 ろ過する赤玉土

コメント