メダカの飼育容器でおすすめは?水槽や発泡スチロール、プラケースや鉢、プランターで飼育できる?

スポンサーリンク
メダカ

メダカの飼育容器でおすすめを紹介します。水槽や発泡スチロール、プラケースや鉢、プランターで飼育することができますが、その中でおすすめはどれでしょうか?

スポンサーリンク

メダカが激安!手数料無料の生物系フリマサイト


≫≫もっと出品を見る【アマギフ5,000円が当たる】

メダカの飼育容器は10リットル以上容量があるものを選ぶ

最初に結論からお伝えすると、メダカの飼育容器は水が入りさえすればどんなものでもいいです。ただし、10リットル以上水量がある容器を用いるようにしたほうがいいでしょう。

なぜなら水量が狭いと水が汚れやすくなりメダカが病気に感染しやすくなるからです。具体的に、メダカの飼育容器の容量が10リットル以上あれば水換えの頻度を下げられますし、病気にもなりにくい気がします。このため、私は必ずメダカの飼育容器は10リットル以上容量があるケースを用いています。

屋外は劣化しにくい飼育容器を選ぶ

さらに、屋外でメダカを飼育するときは劣化しにくい飼育容器を選ぶ必要があります。屋外は紫外線の影響で安物のプラスチックケースなどは劣化して破損してしまいます。特に透明の衣装ケースなどは紫外線の影響でヒビが入ってしまいすぐに破れてしまうため注意しましょう。

メダカの飼育容器のおすすめは?

私が実際に使用している、メダカの飼育容器のおすすめを紹介します。

水槽

メダカを屋内で飼育する場合の容器で、一番のおすすめは水槽です。熱帯魚用や金魚用の水槽がホームセンターなどで売られているので、いつでも入手することができます。

メダカの飼育容器の中でなぜ水槽が一番おすすめなのかというと、横から観察しやすいからです。メダカをタライや衣装ケースなどで飼育していると横から観察できないので、病気などが発生していても発見できないことが多いです。一方水槽は4面ガラス張りなのでメダカに異変があればすぐに気づくことができます。

ただし、水槽はメダカの飼育容器の中で最も効果ですし重いので一度設置すると動かしにくいのが欠点です。このため、メダカの飼育容器を全部水槽にするのは難しいでしょう。

そこで私はメダカの飼育容器を種親だけ水槽にしてあとは衣装ケースなどを使っています。種親は卵を産んでもらわないといけないので、健康管理のチェックを毎日する必要があります。重要な個体のみ水槽で飼育するといいでしょう。

オールガラス水槽はインテリアとして観賞価値が高いですが、重くて動かしづらいので、メダカの飼育容器として使用するのであればフレーム水槽(市販されている普通の水槽)がおすすめです。

ダイソー スクエア収納ボックス

ダイソー スクエア収納ボックスはメダカの飼育容器で水槽の次におすすめの容器です。私も累計数十個運用しています。ダイソースクエア収納ボックスはたったの200円で15リットルという大容量の飼育容器です。

さらに、色も濃いグレーや茶色などがあるのでメダカの色が薄くなることもありません。そして耐久性も非常に強く、屋外でも問題なく使用できます。真夏の炎天下でも容器が劣化することはありませんでした。私は現在針子用のケースにスクエア収納ボックスを使用しています。15リットルで200円の飼育容器はスクエア収納ボックスしかないのでかなり便利でコスパが高い飼育容器です。

コメント