メダカが卵を産まないときの対処法!たくさん卵を産ませるための産卵の裏技とは

スポンサーリンク
メダカ

メダカが卵を産まないときの対処法について紹介します。たくさん卵を産ませるための裏技についても説明します。

スポンサーリンク

メダカが激安!手数料無料の生物系フリマサイト


≫≫もっと出品を見る【アマギフ5,000円が当たる】

メダカが卵を産まないときはエサと光に気をつける

メダカは卵を産まないときは光とエサに気をつけましょう。まずはメダカは1日12時間以上光が当たらないと卵を産みません。このため、暗い場所に置いておくと卵を産まないことがあります。

また、メダカは栄養が足りなくなると卵を産まなくなってしまいます。これは、メスのメダカの体内で卵を作るときに大量のタンパク質などの栄養が必要だからです。親メダカの栄養が足りないと卵を体内で作ることができなくなるため卵を産まなくなってしまいます。

そこで、メダカのお腹がパンパンになるまで高栄養のエサを大量に与えれば、卵を産む数が多くなることが期待できます。

エサの与え方はいつもより少し多めに与えるだけでも大丈夫ですが、「飽和給餌」というやり方がおすすめです。

産卵アップに絶大な効果を発揮する、
「飽和給餌」はこちらをお読みください。

メダカの稚魚、針子をあっという間に大きく成長させる育て方や飼育法「飽和給餌」とは?
メダカの稚魚、針子をあっという間に大きく成長させる育て方や飼育法について実際にメダカを飼育、販売しているプロが説明します。 メダカの稚魚や針子の成長速度について メダカの稚魚や針子は、普通に水槽で飼育していると3か月ぐらいかけて1~2セ...

本当にメダカが卵を産んでいないのかよく確かめる

ただし、メダカが卵を本当に産んでいないのか水槽内をよくチェックする必要があります。メダカは卵をよく産む魚で、気づいたら勝手にメダカが増えていたということもあるぐらいです。

卵が見つからない多くのケースでは水槽内に卵が産み付けられていても見つからないだけだと思われますのでよく探してみましょう。

私も、昔1匹1000円したメダカが全く卵を産まず絶望していたことがありましたが、水槽をよく観察していたら稚魚が泳いでいました。

メダカの卵は透明で、水草や土を入れていると水を抜かない限りほぼわからないです。

メダカのメスは産卵床だけでなく水草にも卵を産み付けますし、水底にも直接産み落とすことも多いです。一番確実なのは水槽に砂や水草を入れずに産卵床だけ入れておくやり方でプロの業者はほとんどこの方法で採卵しています。

オスとメスが揃っているか確かめる

当たり前ですがメダカはオスとメスがいないと産卵しません。メダカのオスとメスを見分けるのは簡単です。腹びれが長く、背びれに切れ込みがあるのがオスで、腹びれが短いのがメスです。また、メスはお腹が大きく薄い色をしているのに対し、オスは濃い色で活発に動き回り、他の魚を追いかけ回していることが多いです。

卵を全く産んでいないと思われるケース

メダカが卵を全く産んでいないと思われるケースを紹介します。

オスがメスを追い回している

オスがメスを激しく追い回していると、メスのことを交尾対象として認識していない可能性が高いため産卵しないです。交尾対象のメスを見つけるとオスは追いかけますが、激しく攻撃することはありません。

もし、オスがいじめのように激しくメスを攻撃している場合は交尾が行われていないため産卵することはありません。

この場合はお見合いさせたりメスを1日隔離したあとで合流させたり、ペアを換えたりするといいでしょう。

メスのお腹が小さい

メダカの産卵が始まる前には、メスのお腹が大きくなって卵が体の中に作られています。もしメスのお腹がオスのようにスマートな状態になっているといつまでたっても卵を産むことはありません。太っていたりエサを食べた後ではお腹が大きくなっていることもありますが、お腹の膨れ方が違うので慣れれば簡単に見分けることができます。

コメント