メダカの卵の管理法について【カビない、卵が死なない方法】

スポンサーリンク
メダカ

メダカの卵の管理法について紹介します。カビたり卵が死んだりしている方はぜひお読み下さい。

スポンサーリンク

メダカが激安!手数料無料の生物系フリマサイト


≫≫もっと出品を見る【アマギフ5,000円が当たる】

メダカの卵の管理法

メダカの卵の管理法を紹介します。

メダカの卵の基本的な管理法

メダカは卵を食べてしまうため、別の容器に隔離します。まずは水槽内に産み付けられた卵を採集します。この採卵方法は詳しく別ページで説明しているのでそちらを参照してみて下さい。

メダカの卵の容器は水が入ればどのようなものでも構いません。プリンカップやペットボトル、ヨーグルトやゼリーの空き容器、ダイソーで売られている1リットル程度の容器などなんでもOKです。

ただし、水が少ない容器で卵を保管する場合はメチレンブルーで消毒しないと卵がカビてしまうので注意しましょう。小さい容器であればメチレンブルーを1滴垂らせば十分です。

メダカの卵は30cc程度の醤油のタレを入れるケースに数十個入れられて販売されているぐらいなので、卵を管理するだけならどのような小さい容器に入れても大丈夫です。

ですが、卵が孵化したときにあまりにも狭すぎる容器だと針子がすぐに死んでしまうため、孵化するときには最低でも500ml程度あればいいでしょう。

また、卵が入った容器とは別に針子用のケースを用意しておいて、孵化したら別のケースに移し替えるのでもOKです。

この際、生まれたての針子を網ですくうと傷ついて死んでしまうので、スプーンなどを用いて輸送するようにしましょう。

メダカの卵を管理するときの温度

メダカの卵は25度の水温で10日で孵化するとされています。実際にはバラツキがありますがだいたい10日〜14日前後かかります。

あまりにも水温が低いと孵化するまでに時間がかかりますし、逆に水温が高すぎると死んでしまうため、メダカの卵を管理するときは温度が一定の室内で管理するのがいいと思います。冬場はヒーターなどで加温するといいでしょう。

卵の管理ではカビが大敵

メダカの卵の管理ではカビが発生しないように気を使う必要があります。メダカの卵はカビやすく、カビが生えると卵が腐って死んでしまいます。

特に無精卵と一緒にしておくと無精卵からカビが発生し、有精卵に伝染して全滅してしまうこともあります。このため、メチレンブルーで消毒すると同時に、白くなっている卵やカビが生えている卵を発見したらすぐに取り除きましょう。

メダカの卵の管理法

メダカの卵の一般的な管理法を紹介します。

糸切り

メダカの卵は粘着糸で覆われています。粘着糸とはその名の通りネバネバした粘膜の糸で、この糸のおかげでメダカの卵は水草などにくっつくことができます。

この糸はカビが生えやすくそのままにしておくと卵がだめになってしまうため取り除きます。

やり方はいちいち手で摘んで糸を切り取る方法もありますが、ティッシュペーパーの上で卵を指で転がして糸を巻き取るやり方が手軽です。

メダカの有精卵は数の子のように硬く、指で転がしても潰れることはありません。また、無精卵はすぐに潰れるので無精卵を取り除くという意味もあります。

卵の消毒

メダカの卵をそのままにしておくとカビが生えやすいです。そこで、卵をメチレンブルーなどで消毒するとカビが生えにくくなり孵化率が上がります。

水道水で消毒する方法

まず、卵が入った容器に入れる水はカルキ抜きしない水道水を直接入れます。塩素が入っているため殺菌力が少しでもあるからです。

ただし塩素はすぐに抜けてしまうため毎日水替えする必要があります。水道水に含まれる塩素はカビを殺菌するには弱すぎるためあまり効果が期待できませんが、メチレンブルーがない方は試してみるといいでしょう。もちろんカビてもいいのならこのやり方は不要です。

メチレンブルーを使う

私を含め、多くのメダカ愛好家は卵の消毒にメチレンブルーを使っています。メチレンブルーは水カビ病の治療薬で水中のカビを殺菌する効果があります。

コメント