メダカの採卵方法について解説!たくさん卵が取れるとり方について

スポンサーリンク
メダカ

メダカの採卵方法について解説します。たくさん卵が取れるとり方について気になる方はお読み下さい。

親メダカが卵を全く産まない場合はこちら

メダカが卵を産まないときの対処法!たくさん卵を産ませるための産卵の裏技とは
メダカが卵を産まないときの対処法について紹介します。たくさん卵を産ませるための裏技についても説明します。
スポンサーリンク

メダカが激安!手数料無料の生物系フリマサイト


≫≫もっと出品を見る【アマギフ5,000円が当たる】

メダカの採卵方法

メダカの採卵方法について説明します。メダカは健康なメスの場合毎日卵を産みます。卵をすぐに放出するのではなくお尻にくっつけているので、卵を持っているメスがいたら産み付けられるのを待ちましょう。

メダカのメスは人口産卵床やホテイソウなどの水草などに卵を産み付けます。産み付けられた卵は粘着糸と呼ばれるネバネバした糸で水草などに付着しています。

メダカの卵は放置しておくと他のメダカに食べられてしまいます。ただ、産み付けられた直後に食べられることはあまりないので、見つけたらすぐに採卵しましょう。

抱卵しているメスはだいたい数時間以内に産卵するので、数時間おきに水槽の中を観察しましょう。

卵は素手で採卵しても大丈夫

メダカの卵は非常に硬く、手で摘んでも潰れることはありません。産卵床に産み付けられた卵は手で剥がしても大丈夫です。このため、素手でつまんだりしても大丈夫ですし、ピンセットでつまんでいる方もいます。

ちなみに私はメダカの卵を採卵するとき素手でつまんでいますがそれが原因で孵化率が下がったり死んでしまうことは今まで一度もありません。

産卵床ごと取り出す採卵法

卵をいちいち採卵するのではなく、産み付けられた産卵床ごと他の容器に移すやり方もあります。特にたくさん卵を管理している方などはこのやり方を行っています。ホテイ草などはよく増えるので産卵床ごと隔離する採卵法に合っていると思います。

強制採卵法

さらに、お腹に卵をつけているメダカを取り出して強制的に採卵する方法もあります。メダカを網ですくって、おしりについている卵を指で摘んだり、綿棒や筆を使って卵を分離します。中には素手でメダカの尻から卵を摘んで採卵している方もいます。

コメント