メダカをビオトープで飼育する方法!手軽にメダカを屋外で飼えるビオトープの作り方を解説!

スポンサーリンク
メダカ

メダカをビオトープで飼育する方法を紹介します。手軽にメダカを屋外で飼えるビオトープの作り方についても説明します。

スポンサーリンク

メダカが激安!手数料無料の生物系フリマサイト


≫≫もっと出品を見る【アマギフ5,000円が当たる】

メダカは屋外のビオトープで飼育するのがおすすめ

メダカは屋外のビオトープで飼育するのがおすすめです。メダカは屋外で飼育すると滅多に病気になりません。一方で水槽で飼育すると病気になりやすくなったり、成長速度が遅くなったり、卵を産む数が少なくなったりします。

一方、メダカは太陽光の下、ビオトープで飼育していると成長が早くすぐに大きく育ちますし、卵を産む数も桁違いです。

費用もかからない

また、メダカは屋外のビオトープで飼育したほうがトラブルが少ないだけでなく、費用もかかりません。ビオトープで必ず必要なのは

容器代

水草

この3つだけです。容器も100円ショップに行けば普通に売られているので、メダカ代込でも1000円未満でビオトープを作ることもできます。ビオトープを作るときに睡蓮鉢を購入しても数千円程度です。

一方で屋内で水槽飼育すると水槽台、水槽、フィルター、ライトなど少なく見積もっても1万円程度の費用がかかります。

メダカを屋外のビオトープで飼育するのはコストパフォーマンスが高く、メダカにとってもより健康に生活できるのです。

メダカの水槽はどのサイズや種類がおすすめ?1匹あたり何リットル?
メダカの水槽でおすすめを紹介します。メダカの水槽は余裕をもって大きめの水槽を選ぶのがおすすめです。

メダカのビオトープとは?

ビオトープとは人工的に作成された自然環境のことですが、現在は屋外に作られた小さな水辺のことを指します。池との違いは底に土を入れたり、水草やエビなどの生き物を入れて自然の環境を再現しようとしている点にあります。

ビオトープでは基本的に水換えなどをせずに自然のままに任せている方が多いです。このため、勝手に水生昆虫などがやってきたり、水草や水生植物が芽を出したりすることもあります。

メダカは自然界でも浅瀬の止水域に生息しているため、ビオトープはメダカにとって自然環境に近いため丈夫で長生きすることが多いです。

メダカのビオトープで準備するもの

 

メダカのビオトープで準備するもの
容器(睡蓮鉢・タライ・プランターなど)必須
ほぼ必須
水草あったほうがいい
貝・エビあったほうがいい
すだれ、日除けあったほうがいい(直射日光が当たる場所では必須)
カルキ抜きあったほうがいい
あったほうがいい
バケツあったほうがいい
掃除用ホースあったほうがいい

メダカのビオトープで準備するものを紹介します。

容器(睡蓮鉢・タライ・プランターなど)

メダカのビオトープでは、メダカを入れる容器(睡蓮鉢・タライ・プランターなど)が必要です。容器に関しては水が入って水面が広いタライのような容器であればどのようなものでも構いません。

コメント