メダカの病気について、見分け方と治療・予防法を解説!

スポンサーリンク
メダカ

メダカの病気について、見分け方と治療・予防法を解説します。

スポンサーリンク

メダカが激安!手数料無料の生物系フリマサイト


≫≫もっと出品を見る【アマギフ5,000円が当たる】

メダカの病気治療法一覧表

メダカの病気症状治療法
白点病白いつぶつぶがたくさん付着メチレンブルー・グリーンF
水カビ病綿毛のようなものが付着メチレンブルー・グリーンF
エラ病エラが腫れる、エラを早く動かすグリーンFゴールド・観パラD・エルバージュ・塩水浴
尾ぐされ病ヒレが白く溶ける、充血するグリーンFゴールド・観パラD・エルバージュ・塩水浴
寄生虫症体を砂にこすりつける、激しく泳ぎ回るリフィッシュ・プラジプロ
細菌性皮膚炎体が充血する、出血している、色が薄くなる、体が白くなる、体を砂にこすりつけるグリーンFゴールド・観パラD・エルバージュ・塩水浴
痩せ細り病痩せて元気がなくなるエルバージュ・塩水浴・観パラD
松かさ病鱗が逆立つグリーンFゴールド・観パラD・エルバージュ・塩水浴

メダカの病気はわかりづらい

メダカの病気はポツポツ死と呼ばれる突然死と、痩せて弱って死ぬいわゆる「痩せ細り病」、エラが腫れ上がって呼吸困難を起こし死に至る「エラ病」、細菌性皮膚炎などのわかりづらい病気がほとんどです。

一方で白点病や水カビ病など、飼育書に載っているような典型的な病気に感染することはあまり多くありません。

私は数多くのメダカを飼育していますが、白点病に感染したのは1度だけです。こないだ買ってきたばかりのメダカが一匹白点になって死にました。

ですが、痩せ細り病やポツポツ死で数多くのメダカが死んでしまいました。

メダカの病気はわかりづらい

さらに厄介なのはポツポツ死や痩せ細り病はよく観察していないと病気の兆候がわからないため手遅れになりやすいということです。メダカは病気に感染しても目に見える症状が出にくく、異変を見逃しやすいです。このため、病気の兆候を見つけたらすぐに治療することが最も大切になります。

メダカは室内飼育では病気になりやすい

メダカはカラムナリスなどの細菌感染症に非常に感染しやすいです。特にカラムナリス菌は伝染力が強く、あっというまに水槽内で蔓延してしまいます。

特に熱帯魚や金魚など、他の魚を飼育している場合は、ほぼ間違いなくメダカだけが細菌感染症に感染します。

グッピーなどは細菌に対して抵抗力が強いため水槽内でも大丈夫ですが、メダカは細菌類にたいして抵抗力が弱いため、すぐに病気になることが多いです。

このため、もしベランダや庭があるなら外でメダカを飼育したほうが簡単に飼育できますし、室内でもなるべく他の魚と一緒にしないように飼育したほうが成功しやすいと実感しています。

エアポンプなしのほうが病気になりにくい?

あと、個人的な体感レベルなのですが、屋内でもエアポンプなしのほうが病気が出にくいような気がします。カラムナリス菌や寄生虫は好気性でエアポンプがあるとたくさん繁殖します(これは憶測ではなく事実で、ドジョウの場合はエアポンプを使うほうが病気が出やすくなるようです)。

実際私も病気が発生している水槽でエアポンプを使うのをやめたら病気が収まったことがありました。

ですが、細菌を持ち込まなければエアポンプありでも飼育できますし、エアレーションやフィルターをガンガン使ってメダカを飼育している方はたくさんいます。

何よりエアレーションしないとたしかに病気が減るかもしれないですが青水になりやすくなるため鑑賞できなくなります。

ですが、メダカが最も病気になりにくいのはやはり外で飼育するようにエアーもフィルターも使わない飼育法だと思います。

メダカの病気の兆候

メダカは病気になってもわかりづらく、目に見えるほど症状があわわれた時点で手遅れであることも多いです。このため毎日病気になっていないか観察してチェックすることが大事です。

ヒレを畳んでいる

他の魚ではヒレを畳んでいる(閉じている)のは病気を見分ける最もわかりやすい手段です。ですが、メダカは背びれが短いためヒレを畳んでいるかどうかが分かりづらいです。

ですが、他の魚と比較するとわずかにヒレを畳んでいることがあり、体調不良のサインになります。ヒレを畳んでいる=病気ではありませんが、他に原因が見当たらないときは病気である可能性が高いです。

体色が薄い

メダカは病気になると体色が薄くなります。メダカの色は背景によって変わるため、水槽の底の色が薄いとメダカの体色も薄くなります。

ですが、他のメダカの色は濃いのに1匹だけ薄いのは体調不良であるサインです。

孤立している

メダカは群れで泳ぐ性質があります。このため、1匹だけで孤立しているのはそれだけで病気の兆候になります。特に群れと離れてぼーっと泳いだり、追い回されていたり、まったく元気が無いようであれば病気になっている可能性があります。

痩せる

メダカがガリガリに痩せてしまうのは痩せ細り病と呼ばれる病気です。もちろん冬眠明けなど餌を与えないと痩せてしまうことがありますが、まるで病人のようにやせ細っているのは病気です。慣れてくればただの痩せか病気かわかるようになります。

メダカが痩せて死ぬ痩せ細り病の原因と治療について【メダカを太らせる】
メダカが痩せて死ぬ痩せ細り病の原因と治療について説明します。痩せ細り病はれっきとした病気なので治療すればよくなります。

白い斑点のようなものが付着している

メダカの体表やヒレに白いものが付着しているのは高確率で病気です。もし白い粒がたくさん体に付着しているようなら白点病で、綿毛のようなフサフサしたものがついていたら水カビ病です。

ですが、白いもやもやしたものがついたり、白っぽく変色しているような感じになっていることが多いです。ヒレに白い塊がついていることもありますが、短期間で増殖しなければ寄生虫の病巣である可能性が高いです。

ヒレが溶ける・破れる・白くなる

ヒレが溶ける・破れる・白くなるのは尾ぐされ病と呼ばれる病気です。特にメダカは細菌性の尾ぐされ病に弱いためヒレが溶けたり白くなっていたら注意しましょう。ただヒレ長メダカの場合はヒレが破れていても病気ではないこともあります。

充血・出血

メダカのヒレや体表が充血していることがあります。メダカが怪我をして血だらけになることはめったにないため、細菌感染症によって皮膚が侵食され、出血している可能性が高いです。

カラムナリス菌が原因の病気は進行が早いため、もし血を出しているメダカを見つけたらすぐに治療しないと死んでしまう可能性が高いです。

エラを早く動かしている

苦しそうにエラを動かしている状態はメダカのエラ病である可能性が高いです。特に、他のメダカと比べるとエラがパンパンに腫れ上がってパクパクと水面近くで苦しそうにしている場合はエラ病でほぼ間違いないです。エラ病を放置すると呼吸困難でメダカは死んでしまうためすぐに治療したほうがよいでしょう。

体をこすりつける

体を床やフィルター、水草などにこすりつける動作は寄生虫や細菌感染症である可能性があります。単にかゆいからこすりつけていることも多々ありますが、何度も繰り返しこすりつけたり、ほかの症状が併発している場合は病気である可能性が高いです。

鱗が逆立つ

お腹が膨れ上がり鱗が逆だっているような状態は松かさ病と呼ばれる病気です。薬浴で治る場合もありますが、よく原因がわかっていないため治療は難しいです。

ただし松かさになるのは金魚がほとんどで、メダカが感染することはめったにありません。

メダカの病気の治療法

メダカの病気の治療法について説明します。メダカは特に細菌感染症に感染しやすいため、抗菌剤を用意しておくといいでしょう。魚用の抗菌剤は

エルバージュ
グリーンFゴールド顆粒
観パラD
グリーンFゴールドリキッド

の4種類があります。この中でグリーンFゴールド顆粒は水草を枯らし、エビや貝を死なせてしまいます。一方観パラは水草を枯らすことはありませんが、エビと貝には有害です。ラムズホーンですら死にます。これは試したので間違いないです。グリーンFゴールドリキッドは観パラより成分が弱いです。

そして、意外なことにエルバージュは一番きつい薬と言われていますが水草、貝、エビは無傷でした。何度もエビや貝がいる水槽で使っていますがヤマトヌマエビやタニシも死ななかったです。(大丈夫だと思いますがくれぐれも自己責任でお願いします)。もしメダカの水槽に水草や貝がいる場合はエルバージュを使いましょう。

エルバージュやグリーンFゴールドなどの顆粒タイプは500mlのペットボトルに溶かして冷蔵庫で保存しておくと便利です。あとはスポイトなどで測れば小型容器でも薬浴しやすいです。

私は病気のメダカがいたらエルバージュと0.3%の塩水で薬浴させます。これで50%のメダカは助かります。ダメなら塩水の濃度をあげます。

また、病気が水槽内に蔓延しているようであればエルバージュを直接投入します。これで細菌性の病気が蔓延することを抑えることができます。

塩水浴

メダカの病気は、重症でなければ塩水浴で治すことができます。病気の原因である寄生虫や細菌などは、塩水では生きていくことができません。

ですが、メダカは塩水に対して抵抗力があるため、ある程度の濃度の塩水であれば大丈夫です。この差を利用して塩水浴でメダカの病気を治療することができます。

塩水浴のやり方

まず、1リットル程度の小型容器を用意します。ここに飼育水を注入します。メダカはきちんと温度合わせしないとショックを起こしやすいので飼育水を使ったほうがいいでしょう。

次に、メダカを入れ、1リットルあたり0.3%になるように塩を入れます。1リットルあたり0.3%とは3グラムで、およそ3ccです。100円ショップなどで計量カップを購入しましょう。

コメント