メダカに赤い点でできるのは病気!細菌性の赤斑病なので薬浴させよう

スポンサーリンク
メダカ

メダカに赤い点でできるのは病気です。エロモナス、カラムナリスなどの細菌が原因です。赤斑病とも呼ばれている病気なので、メダカの体に赤い点ができたらエルバージュやグリーンFゴールドなどで速やかに薬浴させましょう。

スポンサーリンク

メダカが激安!手数料無料の生物系フリマサイト


≫≫もっと出品を見る【アマギフ5,000円が当たる】

メダカに赤い点ができる理由①細菌感染症

メダカに赤い点ができる理由は血を流しているからです。ですが、メダカは怪我で出血することはほとんどありません。多くの場合、メダカに赤い点ができる原因は細菌性の病気による出血です。

細菌性の病気にメダカが感染すると、「エロモナス」「カラムナリス」などの細菌がメダカの皮膚に付着し、皮膚が溶けて出血が見られる状態になります。

さらに病気が進行すると肉や骨などを溶かしてメダカが死にます。その前にエラに細菌が入り込み呼吸困難で死ぬことがほとんどです。エロモナスの場合は進行がゆっくりですが、カラムナリスの場合は感染力が非常に強いため早急に薬浴させましょう。

コメント