エビ伝説(トリオプス)の真実【生きた化石カブトエビの正しい飼育法】

スポンサーリンク
エビ・カニ(甲殻類)
エビ・カニ(甲殻類)

カブトエビは卵の状態で休眠し、乾燥していても生き延びることができます。
そのため、卵がパック詰めされた状態で「エビ伝説(今は生きた化石・トリオプスという名前で売られています)」などの名前で売られていることも多いです。

この記事では、エビ伝説(トリオプス)では語られることのなかった、カブトエビの飼育法を紹介します。

スポンサーリンク

トリオプスはカルキ抜きを使うと死ぬ?

カブトエビ(トリオプス)はミナミヌマエビなどとほぼ同じ飼育方法です。
しかし、多くの人はショップではなく「エビ伝説」を購入していると思うので、そちらに沿った内容で書いていきます。

エビ伝説には説明書のほかに、カブトエビの卵と飼育容器、エサが付属しています。

説明書にはカブトエビの育て方が書かれていますが、間違っていることもあります。まず、「エビ伝説」の説明書にカルキ抜きや浄水器を使用してはいけないと書かれていますがそこまで神経質にならなくてもいいです。
そもそも汲み置きしてもカルキは完全に抜けませんし、カルキが抜けた水は腐敗します。

ですから、浄水器で濾過した水や、カルキ抜きで塩素を中和しても多分大丈夫です。

ただ、カブトエビなどのエビの仲間が薬品に非常に弱いのは事実です。万全を期すためには多少面倒でも汲み置きしたほうがいいですし、もしほかに水槽があれば、そこの飼育水を使用してもいいでしょう。

カブトエビが孵化しない!

エビ伝説の容器に、乾燥したカブトエビの卵を入れ、数日もすれば幼生が誕生します。
しかし、卵から一匹もカブトエビが生まれないという経験をした人は多いです。

私が小学生の時も、最初は全くカブトエビが誕生せず、3回目のチャレンジでようやく誕生した記憶があります。

スポンサーリンク
シェアする
arunaをフォローする
スポンサーリンク
ARUNA-ペットの飼い方、繁殖法、販売情報などを紹介-

コメント