メダカの針子や稚魚のエサのおすすめは何?【PSB+粉エサが最強】

スポンサーリンク
メダカ

メダカの針子や稚魚のエサのおすすめを紹介します。

メダカの針子や稚魚は餓死しやすく、常にエサを与えてお腹が空っぽにならないようにする必要があります。ですが、プロブリーダーでもない限り針子にエサを与え続けるのは不可能ですし、旅行にも行けないですし病気にもなれないです。

ですが、メダカの針子や稚魚のエサを工夫することで餓死を防ぎ、速やかに大人のメダカに成長させることができます。

スポンサーリンク

メダカが激安!手数料無料の生物系フリマサイト


≫≫もっと出品を見る【アマギフ5,000円が当たる】

メダカの針子や稚魚のエサの与え方

メダカの針子や稚魚は、エサそのものよりも与え方のほうが遥かに重要です。エサは正直に言って、ホームセンターで売られている「針子のエサ」を使えば大きく失敗することはありません。

ですが、先程書いたようにメダカの針子や稚魚は餓死しやすく、エサを与える量が少ないとどんどん数が減っていきます。

そこで、一日数回に分けてエサを与える必要があります。私の場合は1日3回から4回、3時間おきぐらいに針子に粉エサを与えています。さらに、朝とよるにPSBを与えています。PSBはエサを与え終わったあとも水の中に漂っているため常時針子がエサを摂取できます。

このように、粉エサ+PSBなどの生き餌の組み合わせが最もメダカの針子や稚魚の生存率をアップささせることができます。

生き餌のみ、粉エサのみではうまく育たない

一方で、活餌のみ、粉エサのみではメダカの稚魚や針子はうまく育ちません。なぜなら、粉エサは水槽に入れて時間が経つと針子が食べないからです。また、生餌もミジンコ以外のエサは栄養不足で、活餌だけを与えていると栄養不足で大きくならないです。実際、PSBのみ、ゾウリムシのみでは全くメダカは成長しませんでした。ただし、活餌は水の中に常に残り続けるので餓死を防ぎ生存率をアップさせます。

つまり、針子のエサは成長スピードを上げる粉エサ+生存率をアップさせる生き餌(ゾウリムシ・PSB)の組み合わせが最強ということですね。

屋外なら粉エサだけで十分

ただし、屋外で太陽の下でメダカの針子を育てる場合はここまで神経質にならなくても大丈夫です。なぜなら、屋外では勝手にミジンコなどのプランクトンが発生するため、常時針子のエサが投入され続けている状態になるからです。さらに太陽光の下では自然にグリーンウォーターにもなりやすいので、さらにメダカの針子の成長を助けます。

コメント