メダカの水槽に貝やエビは入れるべき?おすすめのエビや貝はどれ?

スポンサーリンク
メダカ

メダカの水槽に貝やはエビ入れるべきかどうかと、おすすめのエビや貝について説明します。

スポンサーリンク

メダカが激安!手数料無料の生物系フリマサイト


≫≫もっと出品を見る【アマギフ5,000円が当たる】

個人の観賞用ならエビや貝は入れた方がいい

最初に結論から言うと、メダカの飼育において、個人の鑑賞目的であればエビや貝は入れたほうがいいでしょう。なぜなら、エビや貝は食べ残しや死骸を掃除してくれる効果があるからです。

配合飼料の食べ残しを放置しておくと腐ってしまい、水質を悪化させます。そこで貝やエビを入れておけば水の腐敗を防ぐことができます。

メダカの専門店や熱帯魚ショップでも食べ残しを掃除させるために貝を入れているお店は多いです。

また、メダカの養殖用の水槽やタライにも、掃除用にラムズホーン(巻貝)を入れている方も非常に多いです。ラムズホーンは越冬できるので屋外の水槽に入れても大丈夫です。

水槽では特に食べ残しによって水質が悪化しやすいため、エビや貝を入れたほうがいいでしょう。

もちろん屋外のビオトープでもエビや貝は入れておいたほうが水をきれいに保ちやすいです。

コケ取りの効果はほとんどない

ただしエビや貝が食べてくれるのは食べ残しが中心でコケ取りは期待できません。ヤマトヌマエビを入れておくと糸状のコケをよく食べてくれますが、他のエビや貝は気休め程度しか苔を食べてくれないです。

中にはフネアマガイやカバグチカノコガイなど苔取り性能が非常に高い貝もいますが、こういった貝は逆に生命力が高くなく、食べ残しはあまり食べてくれないです。特にガラス面の苔は人間が掃除したほうがはるかに綺麗になります。

メダカ水槽におすすめのエビや貝

メダカ水槽におすすめのエビや貝について説明します。

ラムズホーン

ラムズホーンはレッドラムズホーン、ヒラマキガイなどと呼ばれている小型の貝です。非常に繁殖力が強く、水槽に数匹入れておけばあっという間に増殖します。熱帯の貝で熱帯魚飼育で主に掃除屋さんとして飼育されていますが、室内であれば冬でも平気です。ビオトープでも越冬する個体が多いです。

ラムズホーンはエサの食べ残しを好んで食べてくれるため、特に食べ残しが多いメダカの稚魚水槽に入れておくと効果を発揮します。ラムズホーンはメダカにおすすめのエビや貝の中で最も掃除能力が高いでしょう。

ただし、ラムズホーンを始めとする貝類はアルカリ性の水質を好みます。水が古くなってくるとだんだん減っていくため、定期的に水替えしましょう。水換えするだけでラムズホーンはどんどん増えていきます。

ラムズホーンは水質悪化自体には強く、薬浴させても落ちにくいほど生命力が高いです。メダカ水槽の掃除屋さんにはラムズホーンが最も適しているといえます。

タニシ

コメント