カマキリの飼育・繁殖について

スポンサーリンク
その他の昆虫
その他の昆虫

そのため、飼育容器内でペアリングさせるときはメスが襲わないか注意しましょう。もちろん、エサを与え終えてお腹がいっぱいになったタイミングでペアリングさせることも有効です。

ペアリングが終わるとカマキリは卵鞘(卵の塊)を木の枝などに産み付けます。カマキリは卵の状態で越冬し、春になると一斉に孵化します。ただ、温度がトリガーになっているので卵を温かい室内に持って帰ると孵化することがあるので注意しましょう。

カマキリの幼虫飼育

 

カマキリの幼虫にはショウジョウバエやコオロギの幼虫などを与えます。羽なしショウジョウバエが売られているのでそれを使うといいでしょう。
幼虫も激しく共食いするので一匹づつ飼育するしかないですが、数百匹の幼虫を管理するのは不可能なので大部分は逃がしてあげましょう。

スポンサーリンク

カマキリの寿命

 

カマキリの寿命は短く、数か月から半年程度です。ただ、越冬する個体も稀におり、個体によっては一年近く生きているものもいます。

まとめ

 

カマキリはエサさえ用意できれば簡単に飼育できますが、実は魚肉ソーセージで飼育できるので非常に簡単です。

スポンサーリンク
シェアする
arunaをフォローする
スポンサーリンク
ARUNA-ペットの飼い方、繁殖法、販売情報などを紹介-

コメント