ゲンゴロウの飼育・繁殖について

スポンサーリンク
その他の昆虫
その他の昆虫

日本には様々なゲンゴロウが生息しています。
ゲンゴロウは世界最大の水生昆虫と呼ばれている「ナミゲンゴロウ」をはじめとして

クロゲンゴロウ
コガタノゲンゴロウ
シマゲンゴロウ
マルガタゲンゴロウ
ゲンゴロウモドキ

などが生息しています。

ナミゲンゴロウはすっかり数が減少してしまい、幻の昆虫となってしまいましたが、クロゲンゴロウなどは都会の公園の池などでも普通に見かけます。

今回はそんなゲンゴロウの飼育について紹介します。※ゲンゴロウの飼育法はどの種類も基本的にはほとんど同じです。

スポンサーリンク

ゲンゴロウの基本的な飼育法


ゲンゴロウは蛹の時期を除き、一生を水中で過ごします。
そのため、飼育セットも昆虫というよりも熱帯魚や金魚の飼育セットに近いです。

まず、ゲンゴロウの飼育に見合った飼育ケースや水槽を用意し、水を入れます。

ゲンゴロウは魚と違って肺呼吸なのでフィルター類などがなくても大丈夫ですが、水が汚れると死んでしまうのでこまめな水替えが必要です。
換水を減らすためにもろ過装置はあったほうがいいと思います。

また、ゲンゴロウは池などの流れがない場所に生息しているため、泳ぐのが下手です。そのため、流木や水草などゲンゴロウが休める場所を用意したほうがいいです。
あとは石や流木を水面から出して陸地を作ってあげるのもよいでしょう。

ゲンゴロウのエサ

 

スポンサーリンク
シェアする
arunaをフォローする
スポンサーリンク
ARUNA-ペットの飼い方、繁殖法、販売情報などを紹介-

コメント