サタンオオカブトの飼育・繁殖法について

スポンサーリンク
カブトムシ
カブトムシ

そのため、サタンオオカブトの幼虫の色が黄色がかってきたら、2リットル程度の容器で個別管理したほうがいいでしょう。

サタンの幼虫は低温管理していることもあって、成虫になるまでの期間がかなり長いです。
メスでも1年以上、オスの場合だと2年近くかかることも珍しくありません。
サタンの飼育は何よりも根気がいる作業だといえるでしょう。

スポンサーリンク

サタンオオカブトの成熟期間

サタンオオカブトは羽化してから活動を始めるまで、休眠期間が非常に長い個体がいます。
個体差があるため一概に言えませんが、半年近く寝ているものもあります。

中にはそのまま休眠したまま死んでしまった個体もいるほどで、この休眠期間がネックになってサタンオオカブトのブリードは難しいものになっていると言えます。

スポンサーリンク
シェアする
arunaをフォローする
スポンサーリンク
ARUNA-ペットの飼い方、繁殖法、販売情報などを紹介-

コメント