【必読!】ヘラクレスオオカブトの幼虫を大きく育てるコツとは?

スポンサーリンク
カブトムシ
カブトムシ


ヘラクレスオオカブトの幼虫は安価で販売されており、ホームセンターなどでも見かけることが多いです。
しかし、いろいろな注意点を守らないと、大きな成虫を羽化させるのは非常に困難です。

ここでは、ヘラクレスの幼虫を大きく育てるための飼育法と、注意点について紹介します。

スポンサーリンク

ヘラクレスの幼虫を大きく育てる方法

 

ヘラクレスを大きく育てるためには、とにかく大きな飼育容器で育てるということです。よくヘラクレスを2リットル程度のブロー容器で飼育している人がいますが、あれでは大きな成虫に羽化させるのは難しいです。なぜなら、ヘラクレスは空間認識力が強いため、大きな容器で育てればそれだけ大きな成虫に育つからです。

最初のうちは集団で飼育しても構いませんが、3令の初期になったら、特に大きな見込みがある幼虫は個別に飼育したほうがよいでしょう。
容器の大きさは最低でもプラケースの中サイズ(7リットル)、できれば大プラケース(12リットル)は欲しいです。欲をいえば20リットルぐらいの衣装ケースで飼育したいところですね。

餌よりも血統

ヘラクレスの幼虫はなんでもよく食べます。特に、クワガタが食べた後の菌糸カスを与えるのが効果的だとされています。ただ、大きく育てるのなら餌はあまり関係なく、それよりも血統のほうが重要です。現に、ヘラクレスのギネスは、「RUSH」という格安昆虫マットから続出しています。これは「RUSH」の品質が良いというのもありますが、それ以上にヘラクレスはマットをたくさん食べるため、コスト重視のブリーダーがたくさん愛用しているという側面のほうが強いでしょう。

そのため、餌にこだわるよりも、大型血統と呼ばれているものや、大きな親虫同士をかけあわせたほうが大きな成虫に育ちやすいのは明らかです。

ヘラクレスは羽化までに長い年月がかかる

ヘラクレスの幼虫を育てるときに一番ネックになるのは、幼虫の期間が非常に長いということです。
成虫になるまでにメスで一年前後、オスで一年半から2年近くもの年月がかかります。

スポンサーリンク
シェアする
arunaをフォローする
スポンサーリンク
ARUNA-ペットの飼い方、繁殖法、販売情報などを紹介-

コメント