シュレーゲルアオガエルの飼育・繁殖

スポンサーリンク
両生類
両生類

生餌を与える場合はミルワームやコオロギなどの虫を与えます。この際カルシウム剤やネクトンなどのビタミン剤をふりかけて栄養を補うとよいでしょう。

 

スポンサーリンク

シュレーゲルアオガエルの繁殖

シュレーゲルは飼育下で最も繁殖させやすいカエルです。シュレーゲルは5月ごろ、野生化では水辺の近くにある陸地や土中に卵を産みます。そのため、水槽内で勝手に産卵するようなことも頻繁にあるようです。狙って繁殖させる場合は冬眠させるか、冬場は温度を下げて春先になって徐々に上げていく「クーリング」を行うと発情させやすくなります。

卵は孵化する前に水に入れるとダメになってしまうようで、オタマジャクシになったタイミングで別容器に取り出す必要があるようです。

シュレーゲルの幼生飼育

 

シュレーゲルの幼生(オタマジャクシ)飼育はほかのカエルと同じです。詳しくはこちらをお読みください。

スポンサーリンク
シェアする
arunaをフォローする
スポンサーリンク
ARUNA-ペットの飼い方、繁殖法、販売情報などを紹介-

コメント