サビイロカブトの飼育・繁殖法を徹底解説!販売情報もあるよ

スポンサーリンク
カブトムシ
カブトムシ

ですから、サビイロカブトを飼育するときは、必ず少し広めの容器で飼育して、前蛹になる直前にマットを交換しないようにしましょう。
小さい虫だからと言って、決してプリンカップなどで育ててはいけません。それよりも、5リットル程度のパンケースなどで多頭飼育したほうが管理も楽ですし、生存率も高いです。

この時期さえ乗り切ればサビイロカブトの飼育はとても簡単で、あとは特筆することはほとんどありません。

ちなみにサビイロカブトには成熟期間はほとんどなく、餌をガツガツと食べだしたら即ペアリング可能です。

スポンサーリンク

サビイロカブトの寿命

サビイロカブトは寿命が国産カブトよりも長く、半年以上生きることも多いです。また、中には一年以上生きている個体もおり、カブトムシ全体の中でもかなりの長寿を誇ります。

サビイロカブトの販売情報

サビイロカブトはそこそこメジャーな種類なので、全国の昆虫ショップで販売されています。しかし、あまり数は多くないので、KUWATAフェスティバルのようなイベントで購入するか、ヤフオクで落札したほうが簡単に入手できます。

ショップで購入すると1ペア5000円程度かかりますが、ヤフオクだと1ペア2000円~3000円が相場であることが多いです。

サビイロカブトを飼育してみよう

サビイロカブトは小さくてかわいいので女性にも人気があります(?)手でつまんでみるとキューキューと鳴き声を発することもあり、なんだか小動物のようですね。
幼虫の扱いさえ気を付ければあとはとても簡単なので、是非チャレンジしてください!

スポンサーリンク
arunaをフォローする
スポンサーリンク
ARUNA-ペットの飼い方、繁殖法、販売情報などを紹介-

コメント