国産カブトムシ

カブトムシを確実に採集する方法

カブトムシを採集したいと思っても、なかなか捕まえられない人もいると思います。
実は、カブトムシの採集にはコツがあります。このコツを理解すれば、だれにでも簡単に捕まえることができます。

カブトムシはどこにでもいる

カブトムシは自然が豊かな田舎でないと採集できないと思い込んでいる人は多いです。
しかし、カブトムシは環境適応力が強く、ドングリのなる木さえあればどんな場所でも生き残ることができます。

実際、東京都心部などの大都会でも、大きめの自然公園などにひっそりと生き残っています。たとえば新宿区を例に挙げると、新宿御苑や戸山公園など、自然が残されている場所には必ずカブトムシが生息しています。

ドングリのなる木だけでなく、ヤナギなどの蜜をだす広葉樹にもカブトムシはやってきます。これらの木が生い茂っているスポットがあり、周辺に腐葉土などがたまっていればほぼ確実にカブトムシが生息しているとみて間違いありません。

ですから、カブトムシを探しに行って、一匹も見つからないのは、単に採集法がわかっていないからだったのです。

月は出ているか?

まず、カブトムシは月夜に最も捕まえやすいです。カブトムシは月夜になると飛びまわり、交尾相手を探しに行くという習性があります。
つまり、月が出ているときに探しに出かければ、カブトムシを見つけやすくなるというわけです。
最もカブトムシが行動的になるのは、雨上がりの後の月夜です。特に昼間の気温が30度以上の蒸し暑い夜だと、カブトムシの行動が活発になり、簡単に見つけることができるようになります。

カブトムシが採れる時間帯

カブトムシは夜の7時ぐらいから活動をはじめ、11時ぐらいになると再び眠り始めます。ですから、7時から10時ぐらいの時間帯が一番活動している個体が多く、捕まえやすいです。
ちなみに、日の出になるとカラスが活動を始めるため、外にいるカブトムシが食べられ始めます。そのため、朝にカブトムシを取りに行くと、下半身を食いちぎられたカブトやクワガタがその辺に転がっています。

カブトムシの採集法

カブトムシの採集法にはいくつかの方法があります。

①ルッキング採集

ルッキング採集とは、樹液が出ている木を見つけて、カブトムシが集まっていないかチェックする採集法です。
最もポピュラーで、昆虫採集しているという実感を味わえる方法ですが、カブトムシは意外と選り好みが激しく、特定の木に集中します。
運よくカブトムシが群れている木を探せればよいのですが、見つけられないと完全な徒労に終わります。

ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 国産カブトムシ

    【とっても簡単!】カブトムシを大きく育てる幼虫飼育法

    カブトムシの成虫はどれだけ大切に育てても大きくなりません。…

  2. 国産カブトムシ

    【産まない人必見】国産カブトムシにたくさん卵を産ませる方法を紹介!

    国産カブトムシは非常に飼いやすく、繁殖させやすいです。しか…

  3. 国産カブトムシ

    国産カブトムシの寿命は?長生きさせて半年以上飼育する方法

    国産カブトムシは飼育がとても簡単です。しかし、その簡単…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ベタ

    ベタは意外と飼育が難しく、初心者には注意が必要な3つの理由
  2. 卵胎生メダカ

    エンドラーズライブベアラーの飼育や繁殖は簡単?
  3. 両生類

    アフリカツメガエルの飼育法・繁殖法・販売情報など
  4. 海水生物

    カクレクマノミはケンカとイジメ好き?飼育の注意点を解説!
  5. 熱帯魚

    ネオンテトラの繁殖は難しい?
PAGE TOP