カブトムシの飼育

【とっても簡単!】カブトムシを大きく育てる幼虫飼育法

カブトムシの成虫はどれだけ大切に育てても大きくなりません。
ですから、どのように幼虫を育てたかで大きさが決まります。

この記事では、カブトムシを大きく育てるコツを紹介します。

カブトムシにも血統はある

国産オオクワガタやヘラクレスには、大きくなりやすい血統が存在し、高値で取引されています。
当たり前ですが、国産カブトムシのサイズも子供に遺伝します。

ですから、大きなオスとメス同士を掛け合わせると、子供たちも大型サイズに育ちやすいです。

そのため、最近では大型血統のカブトムシも販売されており、実際にフジコンのオンラインストアなどで購入することができます。

ただ、国産カブトムシについては値段が安価なこともあり、血統が管理されていることはほとんどありません。

とはいえ、親虫のサイズにこだわるだけで、確実に結果は違ったものになると思われるので、大きなオスを羽化させたいのならぜひお試しください。

温度管理が重要

国産カブトムシに限らず、すべてのカブトムシとクワガタにいえることですが、幼虫の時の温度管理は絶対に必須です。
幼虫は18度以下になると餌を食べなくなり、気温が上がる(25度以上)と蛹になってしまいます。
そのため、20度から22度という、一定の温度を保っていれば、幼虫の時期が長くなり、その分多くの餌を食べさせることができます。

ただ、最終的に気温を上げないといつまでたっても羽化しないので、(セミ化)初夏(6月ごろ)になったら温度を上昇させて蛹になるのを促します。

大きな容器・少なめの収容数

カブトムシは空間認識力が高いので、狭い容器で飼育していると、小さい成虫にしか育ちません。
よくカブトムシの幼虫をビンで飼育している人がいますが、プラケースの小サイズで個別管理したほうが大きなオスに羽化しやすいです。

一令や2令のころは集団で育ててもいいですが、春になったら幼虫の中でも特に大きく、見込みがある個体を個別管理に切り替えるとよいでしょう。
ちなみに衣装ケースなどで集団管理するときは、入れすぎないように気を付けます。

ページ:

1

2

関連記事

  1. アトラスオオカブト

    アトラスオオカブトの幼虫を死なせずに大きく育てる飼育法

    アトラスオオカブトは夏になるとホームセンターでも売られているほどポ…

  2. カブトムシの飼育

    【必読!】ヘラクレスオオカブトの幼虫を大きく育てるコツとは?

    ヘラクレスオオカブトの幼虫は安価で販売されており、ホームセンターな…

  3. カブトムシの飼育

    国産カブトムシの寿命は?長生きさせて半年以上飼育する方法

    国産カブトムシは飼育がとても簡単です。しかし、その簡単…

  4. カブトムシの飼育

    ゾウカブトの飼育・繁殖について

    ゾウカブトは南米に分布する大型のカブトムシです。大きさはヘラクレス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. バクテリア

    水槽に入れて効果のあるバクテリアはどれ?実際に効き目があるおすすめを紹介!
  2. グッピー

    グッピーやプラティを効率よく増殖させる方法を伝授!
  3. アトラスオオカブト

    アトラスオオカブトの幼虫を死なせずに大きく育てる飼育法
  4. オランダシシガシラ

    オランダシシガシラの飼育・種類について
  5. カブトムシの繁殖

    ダビディスカブトの飼育法や繁殖法をわかりやすくレクチャー!
PAGE TOP