水合わせのやり方は適当でOK?正しい方法を解説!

スポンサーリンク
アクアリウムについて
アクアリウムについて

ほかにもい海水魚など水温の変化に弱い魚や、デリケートな品種の場合は少しづつ水合わせするようにしましょう。

スポンサーリンク

すでに飼育している魚は水合わせする必要はある?

最後に、すでに飼育している魚を、別の水槽に移し替える場合は水合わせする必要はあるのでしょうか?
私の場合、温度差が明らかにある場合(加温水槽から無加温水槽への移動など)は水換えしませんが、
温度が同じ場合は水合わせしません。

魚を網ですくって、ダイレクトに水槽に投げ込みます。笑

この場合、自分の家にある水槽なので、水質はほぼ同じです。
環境の変化があまりないので、温度合わせ以外に水合わせする意味がないと考えています。

もちろんこのやり方でうまくいっているので、自宅で魚を別の水槽に移動する場合は特に水合わせは必要ないでしょう。

まとめ

水合わせは温度差がある場合は慎重に行うべきですが、
水温が一定であればそこまで神経質になる必要はありません。

金魚や海水魚など、デリケートな魚以外は適当でも大丈夫です笑

スポンサーリンク
arunaをフォローする
スポンサーリンク
ARUNA-ペットの飼い方、繁殖法、販売情報などを紹介-

コメント