水槽

アクアリウムを始めるときに初期費用や維持費はいくらかかる?

 

今回はアクアリウムを始めるときにかかるコストについて紹介します。

初期費用は1万円未満

結論から言うと、ただ単に魚を水槽で飼育する場合は初期費用はほとんどかかりません。

たいていの熱帯魚なら

水槽
水槽台
カルキ抜き
ヒーター
砂利
フィルター
エサ
バクテリア

があれば飼育できます。
これらは全部新品で購入したとしても1万円もかかりません。
さらに、水槽やフィルターのセットを購入すれば5000円未満で購入できます。

現に、チャームで売られているこの水槽セットはフィルターやライト込みで6990円です。あとはヒーターさえあれば熱帯魚が飼育できます。

ですから、魚の値段込みで10,000円もあればおつりが来ますし、メダカや金魚など、ヒーターがいらない魚であればもっと初期費用は抑えられます。

アクアリウムと言うとお金がかかりそうなイメージがありますが、実は非常に安い初期費用で始められるエコノミーな趣味なのです。

水草水槽はお金がかかる

ただ、上記は生体メインのアクアリウムの場合です。
雑誌の表紙を飾るような、綺麗な水草水槽の場合はさらにコストがかかります。
水草を育てるためには高性能なライトが必要ですし、二酸化炭素等の専門器具などにもコストがかかります。
また、フィルターも安価な投げ込み式や底面フィルターだと二酸化炭素濃度が下がって水草が育ちにくくなるので、外部式フィルターを使ったほうがいいでしょう。

ページ:

1

2 3 4

関連記事

  1. 水槽

    失敗しない水槽の立ち上げ方

    水槽の立ち上げ方はアクアリウムにおいて一番重要です。ここをミス…

  2. ネオンテトラ

    ネオンテトラをパイロットフィッシュにしてはダメ!立ち上げ直後に入れると死ぬ?

    ネオンテトラをパイロットフィッシュにしてはいけない!ネオンテト…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ヨシノボリ

    ヨシノボリの飼育・繁殖について
  2. オオクワガタの仲間

    グランディスオオクワガタの飼育について
  3. 日本産淡水魚

    アカザの飼育・繁殖について
  4. オオクワガタの仲間

    各菌糸ビンの国産オオクワガタの最大サイズを比較してみた!
  5. コリドラス

    コリドラスがすぐに死んでしまう原因は「ストレス」だった!
PAGE TOP