フナの飼育・繁殖について

スポンサーリンク
日本産淡水魚
日本産淡水魚

最低でも1トン程度のプラ船などを用意できる方はチャレンジしてみてください。

フナの繁殖は少し特殊です。フナはメスの割合が圧倒的に多く、オスの数が非常に少ないです。特にギンブナの場合は全てメスで、生まれてくる子供は全て親のクローンです。
どうやって繁殖しているのかというと、ギンブナのメスがほかのフナ科のオス(キンブナや金魚など)の精子を浴びると、その刺激によって産卵を始めるのです。
つまり、疑似的に繁殖行動をとるのですが、実質単為生殖しているというわけですね。

スポンサーリンク
arunaをフォローする
スポンサーリンク
ARUNA-ペットの飼い方、繁殖法、販売情報などを紹介-

コメント