グランディスオオクワガタの飼育について

スポンサーリンク
オオクワガタの仲間
オオクワガタの仲間

グランディスオオクワガタは、ラオスやインド、中国などに分布するオオクワガタの一種です。
また、オオクワガタの仲間のなかでは一番大型に成長し、95ミリを超える個体もいるほどです。

そんなグランディスオオクワガタの飼育について紹介します。

スポンサーリンク

グランディスオオクワガタの飼育はやや難しい!

グランディスオオクワガタはやや癖があり、飼育は若干難しいです。
グランディスは成虫を飼育するだけならば日本産オオクワガタと同じように非常に簡単ですが、メスが卵をなかなか産まないことが多いため、ブリーディングにはコツがいります。

グランディスのペアリング

グランディスのオスは非常に狂暴です。
国産オオクワガタなど、ほかのオオクワの仲間のようにメスとオスを同居させると、高確率でメスが八つ裂きにされてしまいます。
そのため、グランディスに限ってはハンドペアリングを行うのがよいでしょう。

ハンドペアリングのやり方はいたってシンプルで、メスの上にオスを乗せて行為が終わるのを待つというだけです。
気が荒いといってもヒラタクワガタほどではないので、ハンドペアリングなら事故をほぼ防ぐことが可能です。

グランディスの産卵セット

グランディスはメスが卵を産みにくく、ブリーディングは難関種に分類されます。
ですが、人工カワラ材やレイシ材を使えば、驚くほど簡単に産卵させることが可能です。

もちろんカワラ菌糸ビンによる菌床産卵も可能で、とても手っ取り早く産卵させることができます。

コメント