80ミリ以上のオオクワガタを育てる方法

スポンサーリンク
国産オオクワガタ
国産オオクワガタ

80ミリ以上の個体を狙う場合は、幼虫割り出しから羽化まで一年半程度の期間、じっくりと育てます。

スポンサーリンク

ビンの大きさ

また、80ミリ台を狙うのなら、ビンの大きさも重要です。
70ミリ台ならかろうじて850ccのビンでも大丈夫ですが、80mmオーバーを狙うならやはり1400~2000cc以上の大きさが望ましいです。

オオクワガタの幼虫は空間認識能力が高く、広々としたスペースで育てると大きな雄が羽化しやすいようです。

菌糸の種類はあまり関係ない

もちろんオオクワガタの幼虫を大きく育てるためには菌糸ビンを使います。
ですが、菌糸の種類(どこのメーカーを使っているか)はあまり関係がありません。
もちろん、ギネスオーバーかギネスに匹敵するサイズ(80ミリ台後半~90ミリ以上)を狙うのなら、菌床の選定も重要になると思われます。

しかし、80ミリ程度なら菌糸の種類はどれを選んでもほぼ大差はありません。

そのため、月夜野きのこ園やドルクスオーナーズショップなどの格安菌糸でも難なく80ミリ以上を羽化させているブリーダーはたくさんいます。

菌糸ビンについておすすめを徹底解説!【国産オオクワガタの最大サイズを比較】
各菌糸ビンで羽化した国産オオクワガタの最大サイズの実績をしらべてみました。

まとめ

まとめると、70ミリ後半以上の巨大オオクワガタを羽化させるためには、

・血統
・温度管理
・ビンの大きさ

が重要です。意外なことに菌糸の種類はあまり関係ないので、好きなものを選ぶとよいでしょう。
ちなみに、私はこの事実を知っていたので、DOSなどの格安菌糸しかつかっていません。

関連記事

オオクワガタを一番安く購入できるのはどこ?相場や値段を調べてみた!
各菌糸ビンの国産オオクワガタの最大サイズを比較してみた!
オオクワガタを確実に20個以上産卵させる方法【爆産確実!】
オオクワガタを確実に採集する方法【実はその辺にいっぱいいた!】
オオクワガタのメスの選び方はデブスで決まり?

スポンサーリンク
シェアする
arunaをフォローする
スポンサーリンク
ARUNA-ペットの飼い方、繁殖法、販売情報などを紹介-

コメント