メチレンブルーの使い方と効果がある魚の病気について徹底解説

スポンサーリンク
飼育用品
飼育用品

メチレンブルーは魚の病気を治療する薬です。古くから販売されている薬で、多くの人たちが愛用しています。
今回はそんなメチレンブルーの効果と使い方について紹介します。

スポンサーリンク

メチレンブルーの使い方

 

メチレンブルーの使い方は簡単で、規定量を水槽に混ぜて使用します。
200mlで1.5トンの容量があるので、だいたい60センチ水槽(50リットル)で6ccです。

目盛りがついているので間違えることは少ないですが、小さい容器などは入れすぎてしまうことがあります。
そこで、ビーカーや計量カップなどがあるとより便利でしょう。

効果がすぐになくなる

 

メチレンブルーの注意点として、効果がすぐになくなってしまうことが挙げられます。
なぜなら、メチレンブルーは光を浴びると分解してしまう性質があるからです。

そのため、必ずメチレンブルーを使用するときは水槽に覆いを被せるなど光が入らないようにします。
また、メチレンブルー本体も箱に入れて光が当たらないように注意します。

コメント