白点病の効果的な治療法について【実際にやってみた】

スポンサーリンク
魚の病気
魚の病気

白点病は魚が感染する病気の中で最もポピュラーな病気です。
白点病は25度以下で感染する可能性が高いため、熱帯魚よりは金魚やメダカなどによくみられます。

海水魚と淡水魚の白点病は全く違う病気なので、治療法も異なります。
今回は淡水魚の場合の治療法を解説します。

スポンサーリンク

白点病は厄介

 

白点病は魚の皮膚の奥深くに寄生します。そのため、メチレンブルーなどの薬を入れても実は全く効果がありません。
薬で退治できるのは魚の体から離れた白点虫だけです。

そのため、薬や塩などで水中に漂っている白点虫を除菌することしかできず、治るのに時間がかかります。

白点病の原因

 

白点病の原因である白点虫は、48時間程度魚の体表に寄生した後、大きく成長した後に再び体表を離れます。
この際に魚の体液を吸い取るため、白点が急増するように見えます。
体表から離れた後は水中や底砂の中で卵を産んで増殖し、再び魚の体表に寄生します。

このサイクルを短期間で繰り返すため、白点病はあっという間に水槽内に蔓延します。

白点病は完治したと思い込みやすい

 

白点病は一度魚の体表を離れて、水中を漂うという性質です。一時的に白点が減ることがあるため、治ったと勘違いしがちです。
しかし、白点病が治ったわけではなく、再び魚の体表に寄生して増え始めます。

白点病の治療は根気がいる作業なのですね。

白点病は絶対に持ち込まない

 

スポンサーリンク
シェアする
arunaをフォローする
スポンサーリンク
ARUNA-ペットの飼い方、繁殖法、販売情報などを紹介-

コメント