水草水槽に合う熱帯魚はどれ?おすすめを紹介!

スポンサーリンク
水草
水草

ただ、アピストの仲間は気性がやや荒く、小エビなどを食べてしまうこともあります。
大き目のヤマトヌマエビなどを入れておくとよいでしょう。

ただ、ブルーラミレジなどの改良品種は水質に敏感なのでこまめな水替えが必要です。

チェリーバルブ

チェリーバルブは真っ赤な色彩が大変美しい熱帯魚です。アカヒレと同じコイ科の魚なので、水質悪化にも非常に強いです。
また、繁殖もさせやすいので増やすことも可能。あまりポピュラーではないですが、全身真っ赤の熱帯魚はそうはいないので重宝します。

他にもバルブの仲間にはオデッサバルブなど、綺麗な魚が結構多いです。

ダニオ類

ゼブラダニオなどのダニオ類も水草水槽で飼育できます。最近ゼブラダニオを飼育している人はあまりいないのですが、
オレンジグリッターダニオなど、より鮮やかな品種が登場しています。バルブ類と同じくコイ科の魚なので非常に丈夫です。

ラスボラ類

ラスボラ・ヘテロモルファ、ミクロラスボラハナビを筆頭としたラスボラ系の魚も水草水槽にはおすすめです。
ネイチャーアクアリウムでは、ネオンテトラなどの派手な魚より、こういった若干抑えめの色をした魚の方が好まれる傾向にあります。

ラスボラ類は水草水槽の申し子のような感じで、オシャレな水槽にはたいてい入っています。水質悪化にも強く、おすすめの熱帯魚の一種です。

エンゼルフィッシュ

エンゼルフィッシュは大型になるため、60cm以上の水槽で飼育する必要があります。エンゼルフィッシュも水草水槽に入れる定番の魚ですが、
エビが大好物という欠点があります。エンゼルフィッシュを入れるとエビが隠れて出てこなくなってしまうため、水槽がコケだらけになって崩壊する恐れもあるので、
コケ対策だけは十分に注意しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

水草水槽は熱帯魚ではなく、水草が主役です。ですから、水草が育ちやすい環境に適応できる熱帯魚を飼育しなければなりません。
水草水槽は酸性に水質が偏るため、カラシンや南米シクリッドの仲間など、弱酸性の水質を好む熱帯魚が一番おすすめです。

スポンサーリンク
シェアする
arunaをフォローする
スポンサーリンク
ARUNA-ペットの飼い方、繁殖法、販売情報などを紹介-

コメント