水草水槽に合う熱帯魚はどれ?おすすめを紹介!

スポンサーリンク
水草
水草

まさに丈夫、綺麗、安いの三拍子そろった熱帯魚だといえるでしょう。

ちなみにネオンテトラだけでなく、カージナルテトラ、グリーンネオンなども同じ感じで飼育できます。

また、ほかのカラシンの仲間(ファイヤーテトラ、レッドファントムテトラ・ラミーノーズテトラなど名前に「テトラ」がつく魚)はほとんどが同じような環境で飼育できるので、同時にお勧めです。

 

エンドラーズ

エンドラーズはグッピーよりも水質の適応が広く、水草水槽のような酸性の環境でも問題ありません。
また、尾ひれが短いので水草や流木で傷ついたりしませんし、体色もナチュラルな感じなので、より水草水槽にマッチします。
エンドラーズはグッピーよりも子供を産む数が少ないので、水槽内が稚魚だらけになることもありませんし、自分の子供を食べてしまうことも少ないです。

つまり、エンドラーズはグッピーよりも水草水槽にずっと向いているといえます。

オトシンネグロ

オトシンネグロはオトシンクルスにそっくりな熱帯魚です。オトシンよりも丈夫で、めったに病気にかかりません。
さらに、寿命も長いですし低温にも耐えられます。
本家オトシンは意外とデリケートですし、プレコは大きくなるので、水草水槽に入れるコケ取り生体はオトシンネグロを選ぶのがおすすめです。

アピストの仲間

ラミレジを筆頭としたアピストの仲間(シクリッド)も、水草水槽におすすめの熱帯魚です。
色彩が非常に美しいので水草水槽に入れると映えますし、酸性の水を好むので水質もマッチします。

スポンサーリンク
シェアする
arunaをフォローする
スポンサーリンク
ARUNA-ペットの飼い方、繁殖法、販売情報などを紹介-

コメント