水草水槽に合う熱帯魚はどれ?おすすめを紹介!

スポンサーリンク
水草
水草

 

水草水槽に合う熱帯魚を紹介します。
とても飼育しやすいので初心者にもおすすめです。

スポンサーリンク

水草水槽に合う熱帯魚の選び方

水草水槽に合う熱帯魚の選び方を紹介します。
まず、水草は弱酸性でしか育たないので、弱酸性の環境を好む熱帯魚を選ぶ必要があります。
グッピーやプラティ、モーリーなどはアルカリ性を好むので水草水槽には不向きです
(ただ、これらの魚は水質の適応範囲が広いため、実際は大丈夫なことが多いですが)

また、水草水槽では基本ビジュアルを優先するので、何種類もの混泳させている人がほとんどです。
そのため、大きくなる魚や肉食の魚、ほかの熱帯魚とケンカする魚は入れない方がいいです。
具体的にはベタや大型のプレコなどが該当します。
(水草水槽でベタを飼育している人もいますが、できるだけほかの魚を入れない方がいいでしょう)

あとはショーベタや国産グッピーなど、レース状のヒレを持つ魚も不向きです。
水草や流木でヒレが傷ついてボロボロになる可能性があるからです。

最後に、ソイルのみの環境ならコリドラスもやめた方がいいでしょう。コリドラスは砂地がないとストレスを感じるからです。

ただし、あくまでもこれは一般論に過ぎず、ソイルのみで強い酸性に傾いた水草水槽で、グッピーやコリドラスを元気に飼育している人もいます。

しかし、全体的な傾向として、水草水槽では酸性を好む小型熱帯魚を中心にして飼育するとうまくいくことが多いです。

水草水槽にぴったりの熱帯魚を紹介

水草水槽で飼育しやすい熱帯魚を紹介します。

ネオンテトラ

水草水槽に合う熱帯魚の筆頭がネオンテトラです。
ネオンテトラの青色は水草水槽にとても映えます。
気軽に飼育できる魚の中でもっとも水草水槽にぴったりだといえるのではないでしょうか?

さらに、ネオンテトラは酸性の水を非常に好むため、ソイルが入った水草水槽では非常に調子が良くなります。
弱酸性の条件下では、ネオンテトラはめったに病気にもかかりませんし、水質の悪化にも強いです。

スポンサーリンク
シェアする
arunaをフォローする
スポンサーリンク
ARUNA-ペットの飼い方、繁殖法、販売情報などを紹介-

コメント