オトシンの仲間

オトシンクルスの飼育・繁殖について

オトシンクルスはコケを食べる小型熱帯魚です。
プレコに似ていますが、実はプレコとは全く違う種類の生き物です。

そんなオトシンクルスの飼育法や繁殖法について紹介します。

オトシンクルスの飼育は簡単だが・・・

オトシンクルスの基本的な飼育は簡単です。
ですが、ショップで雑な扱いをうけていることが多く、購入してすぐに突然死してしまうことがあります。
そのため、オトシンを購入するときは色が濃く、ヒレの破れや体表に白いものがついていない健康な個体を選ぶ必要があります。

オトシンクルスは水温24度~26度前後の温度を好みます。
体長は5センチ前後なので小さな水槽でも飼育できます。

オトシンクルスの混泳

オトシンクルスは非常に温厚な魚で、喧嘩をすることがありません。
ですから、どのような魚とも混泳させることが可能です。

オトシンクルスのエサ

オトシンクルスは水槽内に発生したコケを食べています。
配合飼料なども食べるプレコと違って、オトシンの場合はコケしか食べません。
しかも、茶ゴケといわれる、茶色くて柔らかいコケ(珪藻)しか食べないので注意が必要です。
もし水槽の茶ゴケを食べつくした場合、餓死してしまうのでオトシンを死なせないためだけにわざとコケをはやしている人もいるほどです。

そのため、オトシンを入れる場合は光量を強くしてコケが生えやすいようにしたり、個体を多く入れすぎないようにするなどの工夫が必要です。

オトシンクルスのコケ取り性能

オトシンクルスのコケ取り性能はあまり高くありません。なぜなら、オトシンはエビなどと違って茶ゴケしか食べないため、処理能力が非常に低いからです。
オトシンは掃除役として導入するのではなく、あくまでもアクセサリーとして考える方がいいでしょう。

オトシンクルスの繁殖

オトシンクルスは身近な熱帯魚ですが、繁殖は非常に難しいです。大きく成熟したオスとメスで飼育しているとごくまれに卵を産むことがあるようです。

オトシンクルスの販売情報

オトシンは全国の熱帯魚ショップ、ホームセンターなどで販売されています。
Amazonやチャームなどでも取り扱いがあります。

オトシンクルスの寿命

オトシンの寿命は2年から3年程度です。意外と弱いところがあり、水質の悪化などが起きるとポックリと逝ってしまうので意外と長生きさせるのは難しいです。

オトシンを育ててみよう

オトシンは簡単そうに見えて意外とデリケートな熱帯魚です。飼育してみるととてもかわいく愛着がわくので是非育ててみてくださいね~!!!

ページ:

1

2

関連記事

  1. オトシンの仲間

    オトシンネグロの飼育・繁殖法など【並オトシンクルスよりおすすめ】

    オトシンネグロはオトシンクルスによく似た熱帯魚です。大きさ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. カブトムシ

    コーカサスオオカブトの飼育と繁殖は難しい?大型のオスを作出するテクニックとは?
  2. エビ・カニ(甲殻類)

    サワガニの飼育や繁殖・寿命や販売情報などについて
  3. ヒラタクワガタの仲間

    パラワンオオヒラタの飼育や繁殖、販売情報をどこよりも詳しく紹介!
  4. アクアリウムについて

    水合わせのやり方は適当でOK?正しい方法を解説!
  5. カブトムシ

    ゾウカブトの飼育・繁殖について
PAGE TOP