グラミーの仲間

ピグミーグラミーの飼育・繁殖・販売情報について

ピグミーグラミーはグラミーの仲間でもかなり小型で、大人になっても3センチぐらいにしかなりません。
地味な魚ですがかわいげもあるので、そんな魚の魅力についてお伝えできればと思います。

ピグミーグラミーの飼育は簡単!

ピグミーグラミーは非常に小型なので、終生10リットル程度の小型水槽で飼育できます。
また、グラミーの仲間はラビリンス器官という、空気を直接取り込める器官を持っているので、ピグミーグラミーの飼育にはエアーポンプが必要ありません。

さらに、水の汚れにもかなり強いので、ピグミーグラミーのみを少数しいくするのであればフィルターやエアポンプなどは必要ありません。

ピグミーグラミーの適温は26度前後とグッピーなどよりはやや高めの温度になっています。

  1. カブトムシ

    ゾウカブトの飼育・繁殖について
  2. 猫は柄で性格がわかる?
  3. 猫も風邪をひくし、他の猫にもうつるって初めて知った。
  4. 熱帯魚

    クラウンローチの飼育や繁殖について
  5. アクアリウムについて

    アクアリウム初心者におすすめの水槽サイズは?