グラミーの仲間

ピグミーグラミーの飼育・繁殖・販売情報について

ピグミーグラミーはグラミーの仲間でもかなり小型で、大人になっても3センチぐらいにしかなりません。
地味な魚ですがかわいげもあるので、そんな魚の魅力についてお伝えできればと思います。

ピグミーグラミーの飼育は簡単!

ピグミーグラミーは非常に小型なので、終生10リットル程度の小型水槽で飼育できます。
また、グラミーの仲間はラビリンス器官という、空気を直接取り込める器官を持っているので、ピグミーグラミーの飼育にはエアーポンプが必要ありません。

さらに、水の汚れにもかなり強いので、ピグミーグラミーのみを少数しいくするのであればフィルターやエアポンプなどは必要ありません。

ピグミーグラミーの適温は26度前後とグッピーなどよりはやや高めの温度になっています。

ピグミーグラミーの混泳

ページ:

1

2 3

関連記事

  1. グラミーの仲間

    ゴールデンハニードワーフグラミー(GHD)の飼育・繁殖について

    ゴールデンハニードワーフグラミーは黄色の体色が特徴的な、小型のグラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 熱帯魚

    アカヒレの飼育や繁殖・寿命について
  2. メソトプス(タランドゥス・レギウス)

    タランドゥスオオツヤクワガタを簡単に産卵させる飼育法を大公開!
  3. 魚の病気

    海水魚の白点病を予防&治療する方法
  4. 水草

    石や流木にたったの一秒でモスやアヌビアスを活着させる方法
  5. シクリッド

    イエローストライプシクリッドの飼育や繁殖を解説!
PAGE TOP