ドジョウ

世界一簡単なドジョウの飼育・繁殖法

ドジョウは身近な日本産淡水魚として、ペットとして意外と人気があります。

この記事では、ドジョウ(マドジョウ・シマドジョウ)の飼育・繁殖・採集・種類などについて書いていきます。

 

ドジョウの飼育は超絶簡単!

 
ドジョウは水質の汚染に非常に強いです。さらに、エラだけでなく腸でも呼吸できるので、エアーポンプを設置する必要がありません。
ですから、水槽の中にドジョウの隠れ家となる泥を入れておくだけで簡単に飼育することができます。

もちろん普通の水槽でも飼育できますが、野生では泥の中に潜っている生き物なので、川砂などの砂を厚めに敷いてあげるといいでしょう。
また、ドジョウは高温にも低温にも強いです。冬に外で飼育しても平気ですし、真夏の室内でもなかなか死ぬことはありません。
 

シマドジョウは若干デリケート

 
シマドジョウは綺麗な小川などに住んでいるため、マドジョウのような汚い環境では生きていけません。ですが、そこまで難しいものではないので、普通の熱帯魚と同じ感覚で飼育すれば大丈夫です。
 

ドジョウのエサ

 
エサもなんでもよく食べるので、金魚のエサなどを与えるだけで構いません。ドジョウは口が下向きについているので、コリドラスのエサなど、水に沈むタイプのエサを与えましょう。
 
ただ、配合飼料だけを与えていると痩せ細っていまい、栄養失調で死んでしまう個体も出てきます。特にシマドジョウは痩せやすいため、冷凍ブラインシュリンプや赤虫を与えたり、ドジョウ専用の飼料などを与えるとよいでしょう。
 

ドジョウはどんな魚でも混泳できる

 
さらに、ドジョウはほかの魚に危害を加えることがないため、肉食の魚以外ならどんな種類でも混泳が可能です。ただ、採集してきた個体などは病気を持っている可能性もあるので、金魚などと泳がせるときは気を付けた方がいいでしょう(金魚は寄生虫に弱いので、基本的にドジョウなどと混泳させない方がいいです)
 

ドジョウの寿命

 
ドジョウの寿命は、3年から5年前後だといわれています。中には10年近く生きるものもありますが、人工飼育下では3年以上生かすことができれば御の字でしょう。
 

ドジョウの繁殖

 
ドジョウは飼育するのが非常に簡単ですが、繁殖させるのは非常に難しいです。なぜなら、ドジョウは自然下では田んぼなどの泥の中に産卵するからです。
ですから、ドジョウに卵を産ませるときは、田んぼなどから持ってきた泥を10センチぐらい敷いてあげる必要があります。
 
あまり狭いところでは産卵しないので、水槽の大きさも最低でも60センチは欲しいところです。
 
このように、室内でドジョウを繁殖させるのはかなり難しいのですが、屋外なら簡単に産卵させることができます。まず、屋外に大型のタライやプラ船(らんちゅうを飼育する青いプラスチック容器のこと)を設置し、中に泥を入れます。その上に落ち葉を敷き詰め、あとは大き目のドジョウを10匹前後投入します。
 
この状態で半年ぐらい放置しておくと、勝手にドジョウが卵を産んで増えていくそうです。
 
まとめると、ドジョウを水槽内で繁殖させるのは難しいので、どうしても産卵させたいのなら、屋外のビオトープなどを作ったほうがいいでしょう。
 
余談ですが、このやり方はマドジョウ(普通のドジョウ)について解説しています。
 
人気の高いシマドジョウなどの場合はさらに産卵が難しく、飼育下での繁殖は非常に困難だとされています。
 

ドジョウの採集

 
ドジョウは生命力が強く、泥さえあれば意外とどんな川にも生息しています。特にねらい目なのは、田んぼの脇を流れる用水路です。泥がたまっている場所や、水草の茂みなどにドジョウはよく隠れています。
シマドジョウの場合は中流から上流域にかけての水がきれいな小川にしか住んでいません。シマドジョウの場合は石の下などにも良く潜んでいます。
 

ドジョウの販売

 
ドジョウはポピュラーな魚なので、どこの観賞魚店にも売られています。ただ、エサ用にまとめ売りされている場合が多く、ペット用としてみかけることはあまり多くありません。
また、ペットショップなどで売られているドジョウはヒドジョウと呼ばれ、オレンジ色をしていることもあります。色が違うだけで全くドジョウと同じなので飼育方法も全く同じです。
ちなみにドジョウはチャームなどのネット通販でも購入できますし、ヤフオクでも個人が採集してきたドジョウを一年中購入することができます。

ページ:

1

2 3

関連記事

  1. ドジョウ

    ホトケドジョウの飼育・繁殖・販売・採集などについて

    ホトケドジョウは小型でかわいらしい外見のドジョウです。いちおう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. オオクワガタの仲間

    【黒光り】アンタエウスオオクワガタの飼育や繁殖・販売情報を解説!
  2. 海水生物

    ハタタテハゼの飼育・寿命・混泳など
  3. ヒラタクワガタの仲間

    パラワンオオヒラタの飼育や繁殖、販売情報をどこよりも詳しく紹介!
  4. 日本産淡水魚

    フナの飼育・繁殖について
  5. ボトルアクアリウム

    ボトルアクアリウムの作り方を紹介|絶対失敗しない方法とは
PAGE TOP