グッピーやプラティを効率よく増殖させる方法を伝授!

スポンサーリンク
プラティ
プラティ グッピー
スポンサーリンク

グッピーやプラティを簡単に増やす方法とは?

グッピーやプラティは繁殖させやすい熱帯魚です。
これらの魚は卵胎生メダカといわれていて、卵ではなく子供を直接産みます。そのため、ほかの魚よりも稚魚が大きく、とても簡単に育てることができます。

また、一か月に一度子供を産むため、コンスタントに増やすことが可能です。ですから、グッピーやプラティは初心者向けの熱帯魚として定番です。

ですが、なぜかグッピーやプラティを飼っていても上手く繁殖させられず、いつまでたっても数が増えないという悩みを抱えている人も多いです。

通常これらの魚は一度に10匹以上の稚魚を産みますが、いつも得られる稚魚の数は1匹か2匹、さらに生き残った稚魚も大きく育たず、いつの間にか死んでしまう・・・

だれでも飼育できるグッピーですら満足に増やせないなんて、俺って熱帯魚を飼う才能がないのかな・・・

思うように繁殖がうまくいかないせいで、このような悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか?

稚魚の生存率が大幅アップ!

実は私もほんの数年前まで、同じ悩みを抱えていました。簡単なはずのグッピーやプラティの繁殖がうまくいかず、稚魚を大きく育てることもできませんでした。

しかし、上記のような動画などを見て勉強した結果、みるみるプラティやグッピーの稚魚が増え始め、今では水槽にはこれらの魚が大量に泳ぎ回っています。

実際、2015年から育て始めたプラティも、今では3代目まで維持することができ、今では初代の孫たちが私の水槽で暮らしています。この記事では、私が実践しているグッピーやプラティの簡単な増やし方を紹介します。

なぜ稚魚を確保できないのか?

グッピーやプラティは、一度に10匹から30匹以上の子供を産みます。最初は子供の数は少ないですが、2回目以降から徐々に生まれる数が増えていき、大型のメスでは50匹以上も産卵することもあります。

つまり、あなたが飼っている魚は、子供を産む数が少ないのではなく、毎回少なくとも10匹以上の稚魚を産んでいるはずです。ですが、発見するのが遅れたため、誰かに稚魚が食べられてしまっているのです。

スポンサーリンク
シェアする
arunaをフォローする
スポンサーリンク
ARUNA-ペットの飼い方、繁殖法、販売情報などを紹介-

コメント