卵胎生メダカ

ソードテールの飼育や繁殖について解説!混泳は注意が必要?


ソードテールは南米に分布する熱帯魚です。
私もソードテールはもっとも好きな熱帯魚の一種で、もう何年間も累代飼育に成功しており、いまでは3世代目(初代の孫)が水槽に泳いでいます(上記の動画です)。この記事では、そんなソードテールの飼育、繁殖、販売情報などを紹介します。

ソードテールの飼育や繁殖は簡単?

ソードテールはオスの尾びれは剣のように伸びるのが特徴の、非常にポピュラーな熱帯魚です。
また、メスがオスに性転換をする面白い魚でもあります。

いろいろな改良品種もあり、根強い人気があるソードテールの飼育法や繁殖法について紹介します。

ソードテールの飼育難易度

ソードテールは水質の悪化に非常に強く、とても飼いやすい熱帯魚です。
丈夫さだけで言えばプラティやグッピーよりも遥かに強い魚なので、今まで魚を飼ったことのない初心者でも飼育できます。

非常に丈夫で病気にもかかりづらく、ソードテールの飼育難易度は非常に低いといえます。

ソードテールの混泳

ソードテールは肉食の魚ではないので、他の熱帯魚と混泳が可能です。
基本的に他の種類をいじめることはありませんが、ソードテールのオスは気性が荒いため、同じ卵胎生メダカ(プラティやグッピーなど)を追いかけまわすこともあります。

また、ソードテールは同種同士では喧嘩を良くする魚です。特に、同じ水槽でオスを2匹以上飼育していると、どちらかが死ぬまで追いかけまわしたり、弱いほうのソードテールが物陰から出てこなくなってしまいます。オスは一匹だけで飼育したほうがいいでしょう。

水草水槽との相性

ソードテールは水草水槽でも十分に飼育が可能です。

ソードテールの水槽サイズ

ソードテールは他の卵胎生メダカに比べて少し大きくなります。
具体的には、尾びれを含めると10センチ程度の成長するものもいます。30センチ水槽(12リットル)で飼育できなくもないですが、すぐに手狭になってしまうので、できれば30センチキューブ程度の大きさで飼育するとよいでしょう。

ソードテールの水温・水質

ソードテールは温度の変化にも強く、20度から30度程度が許容範囲です。沖縄では野生のソードテールが生息しているぐらいなので、温かい室内ならヒーターなしでも飼育できます。しかし、さすがに外で雪が降るような環境は耐えられませんし、グッピーやプラティなどよりは低温に弱いため、冬場はヒーターを使ったほうがいいと思います。

ページ:

1

2 3 4

関連記事

  1. 卵胎生メダカ

    ブラックモーリーは海水魚?飼育や繁殖のコツを紹介!

    ブラックモーリーの飼育や繁殖のコツを伝授!ブラックモーリーはコ…

  2. 卵胎生メダカ

    エンドラーズライブベアラーの飼育や繁殖は簡単?

    エンドラーズライブベアラーの飼育や繁殖について紹介!エンド…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 金魚

    金魚の産卵と繁殖について徹底解説
  2. コリドラス

    コリドラスのエサのおすすめは何がベスト?
  3. クワガタ

    ババオウゴンオニクワガタの飼育や繁殖法は楽勝!
  4. ベタ

    ベタは意外と飼育が難しく、初心者には注意が必要な3つの理由
  5. アクアショップの紹介

    横浜でおすすめの熱帯魚ショップはどこ?
PAGE TOP