昆虫マット

カブトムシを産卵させるおすすめの昆虫マットはどれ?

 

今回はカブトムシを産卵させるためにおすすめの昆虫マットを紹介します。

カブトムシ産卵におすすめなのは黒くて粗いマット

カブトムシの産卵でおすすめのマットは、発酵が進んでいて黒やこげ茶色をしているマットです。
野生ではクワガタは朽ち木に産卵しますが、カブトムシは腐葉土や土などに産卵するので、
クワガタ用の発酵が浅いマットでは産まないことがあります。

また、微粒子のマットではなく、粒子が荒いマットを使うようにしてください。
カブトムシは卵を土の中にバラまいて産卵します。クワガタのように卵の部屋(卵室)を作らないので、微粒子だと卵を産む密度がなくなってしまい、
産卵しないことがあるためです。

そのため、粒が荒い昆虫マットや腐葉土が入ったマットを使うとよい結果が得られます。

カブトムシはクワガタと違って産卵しやすい傾向があるため、温度と湿度さえ気を付けていれば
そう失敗するものではありません。

種類によって微差はありますが、この記事で紹介するおすすめマットを使用すれば大丈夫でしょう。

カブト一番

カブト一番は産卵一番で有名なフォーテックが製造しているマットです。
実績はカブト用マットの中でイチバン豊富なので、絶対に産卵に失敗したくない場合はカブト一番を使うのがおすすめです。
ちなみにカブト一番のほかに国産カブト専用のJB一番も売られています。先述の通りカブトムシはクワガタと違ってそこまで種類によって差がないので多分どちらでもかまわないでしょう。

DOSのプロ仕様 発酵カブトマット

DOSは昆虫マットをはじめとするカブトムシ用品が激安で販売されている昆虫ショップです。
DOSにはカブトマットが何種類か売られていますが、正直違いがよく分かりません。
しかし、カブトムシは発酵度がある程度進んでいて粗粒子であれば正直そこまで差はありません。

ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 昆虫マット

    クワガタの産卵におすすめの昆虫マットを紹介!

    この記事では、クワガタの産卵におすすめの昆虫マットを紹介していきます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 水草

    二酸化炭素なしで綺麗な水草水槽を作るためのコツ
  2. オウゴンオニクワガタ

    ババオウゴンオニクワガタの飼育や繁殖法は楽勝!
  3. アメリカザリガニ

    アメリカザリガニの飼育・繁殖について
  4. ヒーター

    一体型(オート)ヒーターとサーモ用ヒーターはどちらがおすすめ?
  5. クワガタの繁殖

    【産卵確実】ニジイロクワガタの繁殖、飼育、紫紺を誕生させる方法
PAGE TOP