保護猫についてどこまで知ってる?

スポンサーリンク

我が家のおてんば猫は保護猫だ。

埼玉県は所沢にある、所沢犬猫支援の会さんで運命的な出会いがあり、引き取らせて頂いた。

出会った頃は腕の中でスヤスヤ眠る大人しい女の子だと思っていたのだけれど、猫を40匹くらい被っていたんだ。

部屋中を所狭しと駆け回り、人間の頭を踏み台にして押し入れへダイブする程のワンパクぶりを未だに発揮しているぞ。そして一切の人見知りをしない。きっと”自分がこの家で一番偉い”と思ってるに違いない。

前回、パピーミルについて書いた。

ペットショップなどで売られている動物は何処で生まれて、その環境はどうなのか、、、

今回はSayNoプロジェクトさんと同じく、殺処分ゼロ・繁殖への反対、そして保護された動物たちの里親探しまで活動をしている”ちばわん”なる団体について書きたいと思う。

まずスローガンに掲げているのが、「不妊・去勢手術こそが、動物愛護の第一歩である」という事。

劣悪な環境下で望まれない妊娠・出産によって産まれた動物たちが次々と病気で死んでいき、生き残った動物たちはペットショップに売られていく。そして売れ残った動物たちは殺処分される。

そんな現状を無くす為に活動をされている”ちばわん”は、動物愛護センターからの犬猫の保護と新しい家族探し・地域猫の不妊去勢活動・犬猫の譲渡会など、『できることを無理なく』活動しているんだ。

スポンサーリンク
シェアする
kamiyaをフォローする
スポンサーリンク
ARUNA-ペットの飼い方、繁殖法、販売情報などを紹介-

コメント